京都大学レジリエンス室によるMMT勉強会に出席。

京都大学レジリエンス室によるMMT勉強会に出席。

藤井聡室長が解りやすく解説して下さった。

プライマリーバランスは財政の指標にはならず、インフレ率を指標とすべき。と、財政政策の理論を学んだ。

5月16日、自民党若手勉強会に参加し、財政政策を考える。

20170516wakate自民党若手勉強会に、クレディセゾンの島倉原氏が講師として来て下さった。
政府支出が不足している状況は経済成長を阻害しデフレ脱却を遅らせている。
需要を創出せず生産性の向上だけを進めても在庫が増えるだけだ。
需要を創出するには政府による財政出動は必須であり、骨太方針に財政出動を盛り込まなければ、日本経済は低迷を続けてしまう。
若手議員が協力して、政府に積極財政政策を求めていく。