【動画】地元で自民党憲法フォーラムを開催。H30.5.6(No596)


中村裕之が支部長を務める自民党北海道第4選挙区支部で、憲法フォーラムを開催。

過去の歴史を振り返りながら、どのように平和を守れるか、日本国憲法について国民皆で真剣に考え、決断していく時を迎えている、と持論をお伝えさせて頂いた。

5月11日、「日本の未来を考える会」の提言書がまとまり、記者発表を行った。

20180511NipponMirai中村裕之もメンバーとして参加してきた「日本の未来を考える会」の提言書がまとまり、本日、記者発表を行いました。
日本をデフレ経済に引き込み続けているプライマリーバランス黒字化を目標にした緊縮財政を改め、少なくともデフレ脱却するまでは消費税率upを凍結すべきだ。
デフレ脱却には総需要を拡大すべきであり消費税率upや緊縮財政は需要を減退させ、デフレに逆戻りする危険が大きい。
適切に財政を出動して経済を成長軌道に乗せ、国民の実質所得を上げて税収を増加させていく方が財政は健全化する。
そもそも日本は世界一の債権国でありデフォルトするはずなどない国だ。
誤ったプロパガンダによる財政政策を続けてこれ以上国民を貧困化する訳にはいかない。

国民を豊かにする政策に転換していこう!!

「日本の未来を考える勉強会 提言Ver.2をアップしました

5月9日、母校の余市西中学校の生徒さんが国会見学に来てくださった。

20180509Kengaku

中村裕之の母校、余市西中学校の生徒さんが国会見学に来てくださった。
中村裕之も委員会の合間にご挨拶。
勉強することにより将来の職業選択のオプションが広がる。大いに頑張ってください!と、激励させて頂いた。
幸福な人生を歩まれんことを祈る。

地元で憲法フォーラムを開催した。

20180503Kenpou

中村裕之が支部長を務める自民党北海道第4選挙区支部で、憲法フォーラムを開催。
絶対平和主義を掲げたチェンバレンが話し合いによる解決を図ろうと繰り返すうちに、チェンバレンは戦わないとヒトラーに見切られ、ナチスの台頭を許していった。
チェンバレンから政権を受け取ったチャーチルは「ならず者に欧州を支配させる訳にはいかない。」とナチスに抗戦し勝利した。
平和を叫んでいるだけで平和は守れない。歴史の教訓だ。どのように平和を守れるか、国民皆で真剣に考え、決断していく時を迎えている、と持論をお伝えさせて頂いた。

平昌五輪パラリンピックどさんこ選手を讃える会が開かれた。

20180506Olmpc平昌五輪パラリンピックどさんこ選手を讃える会が道庁前広場で開かれ、中村裕之もご案内をいただき参加した。
木なな、みほ姉妹をはじめ43人の選手に、雨の中集まった皆様から感謝の拍手が贈られました。
選手の皆さん感動をありがとう!!

4月25日、党水産基本政策委員会で角上魚類社長のお話を伺う。

180425水産基本政策委4月25日、自民党水産基本政策委員会に登場した新潟県の鮮魚販売角上魚類の社長のお話しは中村裕之にとって勉強になった。

昭和47年に父親の会社に入社し49年に日本で初めて発泡スチロールの箱を使ってイカを築地に送った。木箱より新鮮なことから高値で売れた。長岡市に近い町に魚屋を出店し、お客様の要望通り切身や三枚おろしをして販売しているうちに関東からのお客様が増えていることに気がついた。「そうだ。関越道が通ったからだ!!」。

そこで関東一号店を高崎市に出店。魚の美味しい食べ方を教えながら売り上げを拡大。出店も増やし、今では300億円を売上げ20億円の利益を出している。素晴らしい商いをやっている。

【動画】国会質問フルバージョン H30.4.17環境委員会(一般質疑)


4月17日、衆議院環境委員会で30分間の質問に立ちました。

サマータイムはOECD35カ国のうち31カ国が実施しており、日本だけが後れをとっている。国民生活への影響は軽微で効果は明らかだ。質問したことにより賛同の声も複数あり、今後も連携して働きかけを行っていくことを確認した。

後半では中国の廃プラ受け入れ中止問題に触れ、その影響や政府の対策について伺った。

4月23日、札幌市内において、中村裕之企業団体後援会研修会を開催した。

20180423Miraikihatu札幌市内で中村裕之企業団体後援会研修会を開催。
中村裕之の活動を報告し、当面の重要課題である日本政府の財政運営について考えを述べさせて頂いた。
中村裕之が参加する自民党若手勉強会で講師をつとめて戴いている経済評論家の三橋貴明氏に講演をいただき、日本が財政破綻をすることはあり得ないこと等を詳しくお話し頂いた。
参加くださった皆様に感謝申し上げます。

4月17日、衆議院環境委員会で質問に立ちました。

180417環境委員会①4月17日、衆議院環境委員会で質問に立ちました。

サマータイムはOECD35カ国のうち31カ国が実施しており、日本だけが後れをとっている。国民生活への影響は軽微で効果は明らかだ。質問したことにより賛同の声も複数あり、今後も連携して働きかけを行っていくことを確認した。

180417環境委員会②

【告知】4月17日(明日)9:33~、衆・環境委員会で質問に立ちます。

平成30年4月17日(明日)9:33から30分間、衆議院環境委員会にて中村裕之が今国会2度目の質問に立ちます。

今回はサマータイムに導入についてと、中国での廃プラの輸入禁止の問題についてを質問いたします。

後日ホームページにて動画もUPしますが、当日は衆議院TV(インターネットTV)にて生中継をしておりますので、是非ともご視聴ください。

衆議院TVのリンクはこちら→http://www.shugiintv.go.jp/index.php
(iPhone,アンドロイド等の携帯端末からも視聴ます)

衆議院TVにアクセスしましたら、「今日の審議中継」から「環境委員会」を選択してください。

視聴方法はこちら→http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=HT