【動画】北海道総合振興特別委員会で稲田政調会長に緊急申し入れ H28.6.3(No514)


6月3日、自民党本部政調会長室で、稲田朋美政調会長に北海道総合振興特別委員会として緊急申し入れを行った。

今津寛北海道総合振興特別委員長から、「消費増税の延期方針が決まり、地方の景気を底上げするには、補正予算による財政出動が必要」と本道の実状を説明し、補正予算の編成と本道への重点配分を申し入れた。

中村裕之からも、平成27年度は民主党政権時代と同程度の予算に止まり、北海道全体にアベノミクスへの失望感が蔓延した。北海道は可能性の大地であり、予算の重点配分をお願いした。

稲田朋美政調会長は、真摯にお話しを聴いて下さり、補正予算の編成をしていくと約束して下さった。

北海道経済再生の為に、気を抜くことなく要望をしていく。

6月3日、稲田朋美政調会長に北海道総合振興特別委員会として緊急申し入れを行った。

160603北海道振興特申し入れ

6月3日、自民党本部政調会長室で、稲田朋美政調会長に北海道総合振興特別委員会として緊急申し入れを行った。

今津寛北海道総合振興特別委員長から、
消費増税の延期方針が決まり、地方の景気を底上げするには、補正予算による財政出動が必要と本道の実状を説明し、補正予算の編成と本道への重点配分を申し入れた。

中村裕之からも
平成27年度は民主党政権時代と同程度の予算に止まり、北海道全体にアベノミクスへの失望感が蔓延した。

北海道は可能性の大地であり、予算の重点配分をお願いした。

稲田朋美政調会長は、真摯にお話しを聴いて下さり、補正予算の編成をしていくと約束して下さった。

北海道経済再生の為に、気を抜くことなく要望をしていく。

【動画】「水産物と親しむ学校給食PT」取りまとめを稲田政調会長に報告 H28_5_18(No512)


5月17日、中村裕之が座長を務める「水産物と親しむ学校給食PT」の第6回会合を開催し、
これまで重ねてきた意見聴取を踏まえた「PT取りまとめ」を行い了承をいただいた。

取りまとめの中には、座長私案として、毎月第三水曜日を「水産給食の日」とし、国産水産物の利用や、年に数度は出前授業等を行うという内容も盛り込ませていただいた。

翌18日、朝の水産部会にて取りまとめを報告し、その後、稲田政調会長にも時間をとって頂き、中村裕之より説明をさせていただく。

「水産給食の日」についても学校栄養士会等の関係者の理解を促進し、水産関係団体との連携を深める意味で、効果的だと提言申し上げ、政調会長も、理解を示して下さった。

水産庁や文部科学省の概算要求に関連予算を盛り込めるよう、全力を尽くして参りたい。

5月18日、「水産物と親しむ学校給食PT」取りまとめを稲田政調会長に報告

160518給食PT報告①

5月18日朝、稲田政調会長に時間をとって頂き、
中村裕之が座長を務める「水産物と親しむ学校給食PT」の取りまとめを報告させて頂いた。

稲田政調会長も、
真剣に受け止めて下さり、お力添え下さると、お話しを頂いた。

中村裕之の提案は
160518給食PT報告②毎月第三水曜日を「水産給食の日」とし、年に数度は出前授業等を行うという内容だ。

稲田政調会長も、理解を示して下さり、水産庁や文部科学省の概算要求に関連予算を盛り込めるよう、全力を尽くして参りたい。