12月8日午後、水田農業振興議員連盟で財務省に予算要望。

161208水田農業振興議員連盟12月8日午後、水田農業振興議員連盟で財務省に予算要望。

TVでお馴染みの小野寺五典代議士が会長だ。

自民党は水田フル活用を図り、主食用米のダブつきを解消するため、飼料用米の作付を推奨している。

この効果で、昭和44年から続けてきた生産調整が、初めて、目標を達成した。

これにより、食料自給率の向上をはなりながら、生産者米価を維持することが可能になった。

こうした関連予算の重要性を、中村裕之から財務省に訴えた。

【動画】自民党「地方創生統合実行本部」及び「国土交通部会」にて発言 H27.12.4(No480)


12月4日正午から自民党地方創生統合実行本部、13時からは国土交通部会に出席。

地方創生統合実行本部では鳩山本部長から、「 私は荒っぽいことは得意なので、国の機関の地方移転は政治主導でやっていく。」と、力強いご挨拶があった。
小野寺五典代議士は、「省庁には移転か廃止のどちらかしかないと、言い渡すべきだ。」と更に荒っぽい意見をおっしゃった。
中村裕之も、 地方移転の要望を絞るという意味を説明を求め、地方負担への配慮を申し入れた。

13時からの国土交通部会では、補正予算、当初予算編成方針が諮られた。
補正予算方針には、最も地域からの要望が多い道路整備について、全く記述されておらず、不満を申し上げた。
当初予算でも都市部の記述が多く、「地方の稼ぐ力」に結びつく公共投資や、積雪寒冷地への配慮を盛り込むよう求めた。
補正予算、当初予算編成に向け、最終まで気が抜けない。

12月4日正午は自民党地方創生統合実行本部、13時から国土交通部会に出席。

151204地方創生実行統合本部②12月4日正午から自民党地方創生統合実行本部、13時からは国土交通部会に出席。

地方創生統合実行本部では
鳩山本部長から、
私は荒っぽいことは得意なので、国の機関の地方移転は政治主導でやっていく。
と、力強いご挨拶があった。

小野寺五典代議士は、省庁には移転か廃止のどちらかしかないと、言い渡すべきだ。
と、更に荒っぽい意見をおっしゃった。

151204地方創生実行統合本部①中村裕之も、
地方移転の要望を絞るという意味を説明を求め、地方負担への配慮を申し入れた。

13時からの国土交通部会では、補正予算、当初予算編成方針が諮られた。

補正予算方針には、最も地域からの要望が多い道路整備について、全く記述されておらず、不満を申し上げた。

当初予算でも都市部の記述が多く、「地方の稼ぐ力」に結びつく公共投資や、積雪寒冷地への配慮を盛り込むよう求めた。

補正予算、当初予算編成に向け、最終まで気が抜けない。

151204国土交通部会

2月12日夕方から、参議院議員 中西啓介 と国益を考える会に出席。

150212中西啓介参議パーティ2月12日夕方から、憲政記念館で参議院議員 中西啓介 と国益を考える会に出席。
中西参議院議員は、平成22年の参議院議員選挙で徳島県から初当選した、新進気鋭36歳の若手議員だ。

講師には 小野寺元防衛大臣。
中東の根本問題について、解りやすく話して下さった。以下、要約。

中東のイスラエルは、3000年前にはユダヤ人の領土であったが、その後、その地を追われユダヤ人は世界に散り散りになりながら、元来の勤勉さにより、各国で社会的地位を占めていった。
第一次世界対戦の際、英国が三枚舌外交を行い、英国が勝ったら領土は貴方のものになりますよ。と、騙した為に、領土を巡る対立が深まった。
ユダヤ人が米国内でも、高い経済的地位を保っていたため、米国はイスラエルを支援し、こうしてイスラム教国家の中央に、イスラエルというキリスト教国家が存在することになった。
今、問題となっているISILによるテロも、こうした複雑な背景の中にあり、中東と米国の歴史上の怨念があることを否定できない。
と、語った。

小野寺元防衛大臣と中西参議院議員は共に松下政経塾の出身だそうで、友情を感じるセミナーであった。