【動画】10月の地元活動ダイジェスト H30.11.7(No610)


10月は文科大臣政務官としても公務や、政務においても予算要望などで平日はほとんど国会におりましたが、週末は地元で各地のイベントや行事に参加させていただくことができました。

スタッフが撮りためていたものをダイジェストでUPします。

11月8日、自民党港湾議員連盟にて港湾予算について財務省に要望。

1161109港湾議連要望1月に入り、永田町は予算と税制に関する動きが本格化している。

地元の道路に続き、も財務省に要望だ。

自民党港湾議員連盟では、総会で予算拡充の決議を行い、財務省に強く要望した。

中村裕之から、
総理大臣が所信表明演説で、港湾整備促進に触れたのは初めてだ。

ギアチェンジして、これまでとは違う対応をお願いする。
と、申し上げた。

粘り強く活動を続けてゆく。

2月5日夕方から、米海軍第7艦隊所属艦艇の小樽港寄港歓迎パーティーが開かれた。

160205第7艦隊歓迎パーティ①2月5日夕方から、米海軍第7艦隊所属、ベンフォールド号とバトリオット号の小樽港寄港歓迎パーティーが、自衛隊小樽協力会主催で開かれた。

ベンフォールドはミサイル駆逐艦、パトリオットは掃海挺だ。

北朝鮮がミサイルを発射したら、活動する可能性もある。

7日の出港まで小樽港に停泊し、隊員は短い息抜きをするのだろう。

第67回札幌雪まつり、第18倍回小樽雪あかりの路も開催中、短い息抜きをして頂きたいと思う。

中村裕之から
東日本大震災発生直後から、トモダチ作戦を展開し、救援活動を行って頂いたことに感謝申し上げるとともに、我が国周辺と東アジアの安定に尽力頂いていることに、心から敬意を表した。

 

160205第7艦隊歓迎パーティ②昨年は、安倍総理のもとに日米同盟に、より貢献できる法改正を行った。

今後も日米が連携し、東アジアの平和維持活動に尽力頂くよう、期待を申し上げた。

尖閣諸島には毎月3回の領海侵犯が繰り返され、南シナ海の岩礁が埋め立てて滑走路になり、更には北朝鮮から弾道ミサイルが発射されようとしている。

これらに立ち向かう、米国海軍第7艦隊の皆様に、敬意と感謝を示さずにはいられない。

1月28日午前中、クルーズ船観光振興議員連盟第6回総会に出席。

160128クルーズ船観光振興議連1月28日午前中、クルーズ船観光振興議員連盟第6回総会に出席。

2015年の訪日外国人旅行者は1974万人となり、消費額も3.47兆円となった。

うちクルーズ船で112万人が訪れ、2020年に100万人という目標を、5年前倒して達成した。

国土交通省では、観光庁のみならず海事局や港湾局も一体となり、日ASEANクルーズ振興戦略をに基づき更なる振興を図る。

今、国会では旅客ターミナルビルの建設等に無利子貸付の対象とする等の港湾法改正を行いクルーズ振興を推進する。

中村裕之の地元、小樽港は日本海クルーズ観光拠点港に指定されており、北海道経済発展に役割を果たしていく。

11月22日朝から第8回小樽しゃこ祭りにお邪魔した。

11月22日朝から第8回151122小樽しゃこ祭り③にお邪魔した。

会場内は、しゃこ汁やしゃこ酒を求めて長蛇の列。

小樽は、しゃこの水揚げ全国一位だ。

春しゃこは卵、秋しゃこは身が美味いそうだ。

中村裕之も、しゃこ酒や、しゃこ汁、焼きしゃこ等を頂き、大満足。

天候にも恵まれ、多くのお客様で賑わっている。

151122小樽しゃこ祭り② 151122小樽しゃこ祭り①

10月11日、小樽商工会議所主催の「ローカルフードチャレンジ知産志食」にお邪魔。

10月11日、小樽商工会議所主催のローカルフードチャレンジ知産志食というイベントへお邪魔した。
151011しりべしローカルフードチャレンジ

朝から雨の予報だったが昼過ぎまで降らず、祝津ニシン揚げ丼や余市フレッシュジュースなどを愉しんだ。

小樽商工会議所は近年、後志管内の食や観光との連携を意識してくれている。

雨予報にも関わらず、沢山の方々が会場を訪れていた。

12日まで、何とか荒天にならないで開催できることを願う。