小樽港大規模地震津波災害総合防災訓練に参加。

20181028Otaru2

小樽港大規模地震津波災害総合防災訓練に参加。
自衛隊、警察、消防の他、小樽建設協会や港湾建設関係団体、一般から若者ビレッジ等の皆様が参加。
主催の小樽開発建設部や北海道開発局も連携を確認し、有意義な訓練になった。

 

20181028Otaru1

【動画】しりべし高速ネット「小学生高速道路見学バスツアー2017」H29.9.9(No569)


小樽建設協会建世会が主催する「しりべし高速ネット高速道路見学バスツアー2017」に小学生29人に混ざって参加。

Nexco東日本が建設中の朝里川温泉大橋(橋長615m高さ50m)の渡り初めをさせて頂き、続いて小樽JCTの工事の様子も見学した。

余市から札幌に向かう路線では小樽に降りるランプの工事も行われており来秋の余市開通時にはこの小樽行きランプも同時に開通することを確認した。あと1年2ヶ月後には余市まで開通だ。

9月9日、しりべし高速ネット高速道路見学バスツアー2017に参加

170909後志高速道路バスツアー①

小樽建設協会建世会が主催する「しりべし高速ネット高速道路見学バスツアー2017」に小学生29人に混ざって参加。

Nexco東日本が建設中の朝里川温泉大橋(橋長615m高さ50m)の渡り初めをさせて頂き、続いて小樽JCTの工事の様子も見学した。

余市から札幌に向かう路線では小樽に降りるランプの工事も行われており来秋の余市開通時にはこの小樽行きランプも同時に開通することを確認した。あと1年2ヶ月後には余市まで開通だ。

170909後志高速道路バスツアー② 170909後志高速道路バスツアー③

9月24日午前中、小学生対象の「高速道路体験ツアー2016」にお邪魔した。

160924高速道路体験ツアー2016①

9月24日午前中、小樽建設協会の青年経営者の皆様が実施する「高速道路体験ツアー2016」にお邪魔し、参加した30名の小学生と、小樽市天神の高速道路建設現場を視察した。

高さ50mの橋脚の上にEvで上がり、高所で橋を造る手順について説明を聞き、トンネル建設現場も視察した。

中村裕之から、
衆議院議員として、地域の要望を受け、倶知安まで高速道路を繋ぐことを決めることができた。
と、実績を伝え、

160924高速道路体験ツアー2016②救急医療や観光等に高速道路が有用で、8月の台風による災害で道路が壊れた中、高速道路だけが札幌~帯広間を結んでいる状況を伝えた。

ツアーの小学生は、一般道と高速道路の両方を通り札幌へ向かい、高速道路の安全性や快適性を実感したに違いない。

現場の皆様、お世話になりました。

5月26日、小樽建設協会前会長草別義昭様の叙勲受章祝賀会に出席。

5月26日、午前中に原子力問題調査特別委員会が開かれ、派閥の例会の後、14:30の便で地元に帰った。

会期末迫る今週は、火曜日に総務委員会で一般質疑があり、党本部では政調全体会議が開かれる等、ひとつひとつ報告できない程、目まぐるしい。

160526草別義昭様叙勲受章地元に帰り
グランドパーク小樽で、小樽建設協会前会長草別義昭様旭日双光章受章祝賀会に出席。

昭和43年以来、道内建設業の健全な発展に多大な貢献をされてきたことに、中村裕之からも敬意を表し、お祝いを申し上げた。

ご夫婦ともに、お元気で叙勲を受けられたことが、何より喜ばしいと感じた。

12月18日夕方、空港から直行で、小樽建設協会通常総会懇親会に出席。

151218小樽建設協会12月18日夕方、空港から直行で、小樽建設協会通常総会懇親会に出席。

中村裕之にもご挨拶の機会を頂き、日頃の温かいご支援に感謝申し上げるとともに、補正予算を818億円まで積み上げることができたと報告し、当初予算の確保に向けても努力していくと申し上げた。

中村裕之にとっては、会員としてご指導頂いた協会であり、人づくりの為の未来塾や、後志活性化フォーラム等を通して、地域貢献の大切さを学ばせて頂いた協会だ。

会員企業の隆盛を祈る次第だ。

【動画】後志に高速道路を実現する会(経済団体)中央要望 H27.11.26(No474)


11月26日午前中、中村裕之の地元経済界が構成している「後志に高速道路を実現する会」の皆様が、関係省庁への要望活動に訪れた。

中村裕之も国土交通省や財務省に同行し、倶知安~共和間の道路整備が、いかに海外からの旅行客増加や新たな投資に繋がるかを訴えた。

ニセコリゾートのインバウンド観光は霞ヶ関でも承知しているところだが、11月にハイアットやリッツ・カールトンがニセコエリアへの進出を表明した等の新しい情報もお持ちし、高い関心を持って頂くことができた。

151126後志高速ネット要望①2026年札幌冬季五輪立候補を考慮しても、早期の事業化の必要性が高いことも加えて説明し、理解を頂いた。

しかし、予算総額の増額確保が叶わなければ、新規事業化は困難になる。

中村裕之にとって、大きな役割を頂いた。

11月26日、「後志に高速道路を実現する会」の皆様が、中央要望活動に訪れた。

151126後志高速ネット要望②11月26日午前中、中村裕之の地元経済界が構成している「後志に高速道路を実現する会」の皆様が、関係省庁への要望活動に訪れた。

中村裕之も国土交通省や財務省に同行し、倶知安~共和間の道路整備が、いかに海外からの旅行客増加や新たな投資に繋がるかを訴えた。

ニセコリゾートのインバウンド観光は霞ヶ関でも承知しているところだが、11月にハイアットやリッツ・カールトンがニセコエリアへの進出を表明した等の新しい情報もお持ちし、高い関心を持って頂くことができた。

151126後志高速ネット要望①2026年札幌冬季五輪立候補を考慮しても、早期の事業化の必要性が高いことも加えて説明し、理解を頂いた。

しかし、予算総額の増額確保が叶わなければ、新規事業化は困難になる。

中村裕之にとって、大きな役割を頂いた。

151126後志高速ネット要望③

12月22日夕方から、小樽建設協会総会懇親会に出席させて頂いた。

141222小樽建設協会①

12月22日夕方から、グランドパーク小樽で開かれた、小樽建設協会総会懇親会に出席させて頂いた。

協会員皆様から、御祝いの花を頂いた。

中村裕之は、小樽建設協会の一員として、「地域活性化フォーラム」の実行委員や、「未来塾」の塾生として、地域貢献について勉強をさせて頂いた。

その頃の経験や人脈が今、活きている。

まさに、育てて頂いた場所だと思っている。

141222小樽建設協会②