1月6日、ニセコ町新年交礼会に出席。

片山町長から藤倉英幸画伯へニセコ町新年交礼会に出席。

町に絵を寄贈した藤倉英幸画伯に片山町長から感謝状が贈られた。岩内町出身の藤倉先生はJR北海道の車内試の表紙や六花亭のパッケージ等を手掛け、活躍している。環境モデル都市ニセコ町に相応しい先生だ。

1月6日早朝、小樽市公営水産物地方卸売市場初セリに出席。

小樽市公設水産地方卸売市場にて今朝5時から小樽市公営水産物地方卸売市場初セリに出席。資源管理の強化から漁獲規制が強化される中だが、タコや鱈等のセリが活況だ。漁業もたくさん捕る時代ではなくなってきた。安全操業をお祈り申し上げた。

1月5日朝、札幌中央卸売市場「初ぜり式」に出席。

安全操業をお祈り申し上げます。札幌中央卸売市場で行われた「初ぜり式」に初めて出席致しました。
今年の通常国会では中央卸売市場法改正案が審議されます。選挙を挟んで度重なる協議を自民党内で行い、生鮮食品の安定流通を保ちながら地域特性を発揮できるよう自由度を高める案にすることができたと感じております。

12月22日、平成30年度予算並びに平成29年度補正予算が閣議決定された。

20171222Yosan成30年度予算並びに平成29年度補正予算が閣議決定された。
平成30年度北海道開発予算は5551億円となり1.02の伸びとなった。
全予算の公共事業費が26億円の増額に対し北海道分は86億円増額となり努力の成果と受けとめている。
北海道のポテンシャルを引き出し、国民に貢献できるよう北海道開発を推進してゆく。

12月20日、自民党ウインタースポーツ振興議員連盟設立総会。

役員の皆様と中村裕之事務所が事務局を務めJOCや競技団体にも出席を頂き、自民党ウインタースポーツ振興議員連盟設立総会を開催。

平昌に向けて勢いをつけるとともに、競技団体からの要望も聴取し、政治の場からも支援する。加えてスポーツビジネスを成長分野と明確に位置づけ発展に導く。日本スキー連盟の皆川賢太郎常務理事によると中国ではスキー人口を3億人、コアな層を3000万人と目標設定しているそうだ。議員連盟が役割を果たせるように全力を尽くす。

12月18日、石井国土交通大臣が自民党本部に足を運んで下さった。

自民党本部にて石井国土交通大臣が自民党本部に足を運んで下さった。国土交通部会で予算折衝の決意を述べ議員から万雷の拍手を受けた。中村裕之は石井大臣との握手の際「北海道開発予算を宜しくお願いします。」と申し上げた。22日の閣議決定まで引き続き努力してゆく

12月11日、第1回IT関連政策セミナーに参加。

IT関連政策セミナー自民党道連は総務省から担当課長を招き、IT関連政策セミナーを開催した。中村裕之も参加し、ご挨拶では「広域分散、積雪寒冷の北海道の発展にはITは欠かせない。大規模な農林水産業の生産性向上に大きな成果を上げるに違いない。」と申し上げた。自民党のセミナーは270人が参加し、大成功だ。

【動画】町村議会議長全国大会・全国町村長大会に出席。H29.11.22_29(No587)


11月22日には町村議会議長全国大会が、29日には全国町村長大会が共にNHKホールで開かれた。

来賓紹介では両大会共に特別大きな声援をいただいた。ありがとうございます!

11月17日、地元の市町村長が要望活動で財務大臣室に。

20171117siribesiyoubou

中村裕之の地元の市町村長が要望活動で財務大臣室に。
麻生太郎大臣に中村から「この20市町村全てで一位の得票を頂きました。」と言うと「それでもギリギリじゃねえか。」と返された。(笑)
緊張していた市町村長もこの一言で笑顔になった。
どうやら麻生太郎大臣は70%以下の得票率はギリギリと言うらしい。

11月16日夕方、アパホテル元谷代表が主宰する勝兵塾にて、講師を務めた。

20171116syouheijuku

夕方からアパホテル元谷代表が主宰する勝兵塾で中村裕之が講師を務めた。
テーマは「ニセコエリアを中心とした地方創生の取組」だ。
中村裕之の地元では島牧村が狩場山catスキー、神恵内村や岩内町、泊村がウニやナマコ養殖と地域商社事業、余市町と仁木町はワインツーリズム等、地方創生交付金を活用しそれぞれ成果をあげている。東京で暮らす100名を越える方々に聴いて頂いたが、おそらく地方創生と言っても何をやってるか分からないだろうから、それなりに新鮮なお話ができたと思う。