11月2日、社会教育功労者表彰式・優良公民館表彰式に出席後、東京近代美術館と東京藝大の視察。 夕方には本会議にて補正予算が通過。

2日、社会教育功労者表彰式・優良公民館表彰式に出席。
熱心な活動をされている皆様にお祝いと心からの感謝を申し上げた。

東京近代美術館と東京藝大も視察させて頂き若手芸術家の活躍ぶりを拝見し、激励させて頂いた。

夕方の本会議で平成30年度第一次補正予算9356億円が衆議院を通過した。
災害対策や教室の空調設備、ブロック塀対策等の予算。
来週は参議院での審議が行われる。

20181102hyosho3

20181102hyosho2

20181102hyosho1

11月、文部科学省にて。

文部科学省には連日、全国から要望のお客様がお見えになります。
エアコン設置、給食センター補助、国際バカロレア教育の推進等、様々な取組を支援していけるよう、中村裕之も文部科学予算確保に最大限努力して参ります。
2018110220181102-120181102-220181102-3

10月25日、倶知安〜黒松内の高規格道路早期事業化を国土交通省・財務省に要望。

中村裕之の地元から南部後志正副議長会の皆様が要望活動にお越しくださった。
倶知安〜共和間の高規格道路は11月23日に着工式が開かれるが、その先の倶知安〜黒松内の早期事業化を国土交通省や財務省に要望。麻生太郎大臣もこの夏ニセコリゾートを視察され、この道路は良いぞ!と、おっしゃった。役所からは地元でルート等について勉強会を始めてはどうかと助言を頂いた。新たなステージに向けて意義深い要望活動になった。

2018102620181026-120181026-220181026-320181026-4

「北海道北東北縄文遺跡群世界文化遺産登録総決起大会」に出席。

道庁赤レンガで「北海道北東北縄文遺跡群世界文化遺産登録総決起大会」に出席。
7月の文化審議会で推薦が決定し、今後、政府の閣議決定を求めていくことが決議された。

中村裕之も全力を尽くして参ります!

20181021Jomon

10月15日夕方、秋元札幌市長が要望書を持ってお越しくださった。

20181015jikahatuden

秋元札幌市長が中村裕之政務官室に要望書を持ってお越しくださった。
北海道胆振東部地震により避難場所となった学校には自家発電設備が設置されていない。
設置にあたっては国の支援をお願いしたい、と要望を頂いた。
期待に添えるよう努力して参ります。

10月15日午後、食王国北海道レセプションに参加。

渋谷で開かれた食王国北海道レセプションに、ゲストで本橋麻里さんが登場。
トークショーの後、気さくにお話ししてくれた。とても魅力的な女性でした。

20181015Hokkaido2 20181015Hokkaido1 20181015Hokkaido3

10月3日、石油流通問題議員連盟役員会に出席。

石油流通問題議員連盟役員会に出席。北海道胆振東部地震による停電を受けて、議員連盟として決議を行った。
住民拠点SSの一部には国の支援により自家発電が設置され燃料供給に役割を果たしたが、設置されていないSSは閉店状態。
住民のために自家発電機の設置を進めるように補正予算で支援を推進するよう求める決議を行った。
年末の予算編成に向け、強く要望してゆく。

20181004Sekiyu3 20181004Sekiyu2 20181004Sekiyu1

 

 

 

北海道理学療法士会創立50周年記念式典に出席。

20180929Rigakuryouhousi北海道理学療法士会創立50周年記念式典に出席。
50年前29人でスタートした会が、今は6000人の会員を数え、胆振の被災者支援に会員を送り出し、来年の参議院議員選挙には北海道から田中まさしさんを擁立する組織になっている。
理学療法士は地域包括ケアの運用に大きな役割を果たす。
中村裕之からも敬意とお祝いを申し上げた。

中国向け北海道産米輸出記念式典に出席。

20180929Kome29日には中国向け北海道産米輸出記念式典に出席。
北海道から直接中国への米輸出は、自民党が二階幹事長を中心に実現した。
中国の米消費量は1億5000万トン。
日本の生産量750万トンの20倍だ。
燻蒸倉庫は中村裕之の地元の小樽倉庫協会が担当する。
今後も北海道農業の発展に結びつくよう努力してゆく。

 

9月28日、自民党農林水産災害対策委員会に出席後、農林水産斎藤大臣へ要請活動を行った。

20180928Fukkou3 20180928Fukkou2 20180928Fukkou1

自民党農林水産災害対策委員会に出席。
北海道胆振東部地震と台風21号災害対策について、万全の対策を政府に求める決議を行った。
堀井学議員や被災地のJA組合長から感謝の言葉が述べられた。
早速、農林水産省に赴き斎藤大臣に要請活動を実施。
結果、激甚災害指定など、被災地からの要望の多くが対策に盛り込まれた。
台風によるビニールハウス被害も補助率のかさ上げが実現。
酪農家の自家発電機の設置支援など、実効性のある対策を行える。

観光業対策も北海道ふっこう割を10月1日から導入を閣議決定頂き、中村裕之の要望も身を結んだ。