4月16日夕方、鈴木直道さんの官邸ご挨拶に同行。

鈴木直道さんの官邸ご挨拶に北海道選出国会議員も同行した。
安倍総理から「1次産業や観光など北海道が一番可能性がある。期待している。」と、激励を頂いた。
鈴木直道さんは、中村裕之の部屋にもお越し下さった。
北海道の発展が日本の発展に繋がるよう、ともに努力して参る。

4月16日昼、自民党ハイヤータクシー議員連盟に出席。

自民党ハイヤータクシー議員連盟に出席。
川鍋会長から、タクシー営業ができない過疎地における自家用有償運送にタクシー事業者が協力する方向が政府から出されたことに感謝の言葉があった。
シェアリングエコノミーについては諸外国でも防犯や安全性に課題があることが明らかになり、日本がタクシー営業を堅持してきたことが適正な判断だ。
今後、自民党と業界が知恵を出し合い、更なる利用者利便の向上を図っていく。

4月16日、 若田光一宇宙飛行士が文部科学部会にいらっしゃった。

若田光一宇宙飛行士が文部科学部会に講師でお越しくださった。
地表からの高度400kmを周回する国際宇宙ステーションでの生活や実験について、講演頂いた。
それ故、朝食は宇宙食、昼食は小樽群来丼というラインナップになった。
一番遠方のメニューと近くのメニューを食した日になった。

4月12日、在日本ウズベキスタン大使が中村裕之を訪ねてくださった。

在日本ウズベキスタン大使が中村裕之を訪ねてくださった。
ウズベキスタンは終戦後、日本の捕虜を丁重に扱ってくれた国だ。
大使は昨年6月に北海道も訪れ、東川町等も訪問し、北海道の人柄に大変心を打たれたそうだ。
日本との大学間交流を推進しており、中村裕之も応援することを約束した。

20190412uzubekistan2
20190412uzubekistan

4月11日、衆議院科学技術イノベーション特別委員会で答弁しました。

今週は衆議院科学技術イノベーション特別委員会で答弁しました。
世界の2万校に及ぶ高等教育機関の中から1258校が選ばれたTHA大学ランキングで2019年、日本は世界2位の103校がランクイン。
東大、京大のランクもアップした。
2015年に評価方式が見直され、非英語圏である日本の大学は軒並みランクが落ちたが、盛り返してきている。

20190412inovasion

4月11日、中村が役割をもつ法案が進展しつつある。

衆議院本会議では高等教育支援法案やアイヌ新法が賛成多数で可決され、参議院に送られることとなった。
火曜日の幼児教育無償化法案の可決とともに、中村裕之が役割をもつ法案が進展しつつある。
夕方からは、有床診療所を応援する議員連盟29回会合に出席。
医療職の働き方改革を進める上での課題等について、医師会関係者からヒアリングし、厚生労働省から現状を聴取した。
激変緩和策を講じなければ、診療所の無床化が進む恐れがある。
議員連盟の一員として診療報酬等の課題に取り組んでいく。

4月10日、小樽倉庫協会が吉川農林水産大臣へ要望活動を行った。

吉川農林水産大臣に中村裕之も同行して小樽倉庫協会が要望活動を実施。
MA米の備蓄に小樽、石狩湾新港の倉庫活用を要望。
MA米の備蓄は太平洋側に集中していることから、地震津波の発生確率が低い両港の倉庫活用を要望した。