3期生以下の若手で力を合わせて頑張っております!

3期生以下の若手で力を合わせて頑張りましょう!
議員連盟「日本の未来を考える勉強会」会長安藤裕代議士のリーダーシップに敬服しています。

https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/223490

10万円「一律支給を」 自民若手が政府に緊急提言

2020年4月16日 20:31

議員連盟「日本の未来を考える勉強会」が取り上げられています。

中村裕之も含めて3期生以下が若手です。
年齢ではありません。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8404a655d5cc02e9d4bb09fca222c2be7ceb957f

安倍政権のコロナ経済対策、なんと自民若手たちが「批判」を始めた…!

4/12(日) 8:01配信

経済対策が発表された。

経済対策が発表された。
自民党政調や税調で中村裕之が仲間と訴えてきた「粗利補償と消費税ゼロ」は、いずれも入らず、悔しい思いだが長期の戦いになれば必ず更なる対策も必要になる。
議員連盟「日本の未来を考える勉強会」では早速、提言を党と政府に行うべく協議を始める。
政府は予定されていたマイナポイントをいずれ活用する考えを持つており、マイナンバーカードを、お持ちでない方は混み合う前に申請するのが得策だ。
どうぞ申請を。

中村裕之が副会長を務める議員連盟 日本の未来を考える勉強会で二階幹事長に提言書を手渡しました。

中村裕之が副会長を務める議員連盟 日本の未来を考える勉強会で、二階幹事長に提言書を手渡した。 消費税ゼロ税率を含めて3兆円規模の経済対策を求めた。 会長の安藤裕代議士はBS日テレに22時から出演し、考えを述べる。 皆様どうぞ、ご期待ください。

日本の未来を考える勉強会で西村康稔大臣に補正予算と令和2年度予算要望書を提出。

日本の未来を考える勉強会で西村康稔大臣に補正予算と令和2年度予算要望書を提出。 消費税引き上げで住宅、自動車、百貨店等で売上減少が見られ内需の落ち込みが鮮明になる中、政府支出を増大しなければデフレギャップが過大になり、デフレ脱却は遠のく。 10兆円を上回る補正予算と県庁や市町村役場に勤務する非常勤職員の正規職員化等の低所得対策を提言した。 経済政策に活かされることを願う。

日本の未来を考える勉強会で西村康稔大臣に補正予算と令和2年度予算要望書を提出。

日本の未来を考える勉強会で西村康稔大臣に補正予算と令和2年度予算要望書を提出。
消費税引き上げで住宅、自動車、百貨店等で売上減少が見られ内需の落ち込みが鮮明になる中、政府支出を増大しなければデフレギャップが過大になり、デフレ脱却は遠のく。
10兆円を上回る補正予算と県庁や市町村役場に勤務する非常勤職員の正規職員化等の低所得対策を提言した。
経済政策に活かされることを願う。

中村裕之も「日本の未来を考える勉強会」で、MMTを一緒に勉強しています。

中村裕之も「日本の未来を考える勉強会」で、MMTを一緒に勉強しています。
政府の経済財政政策に直結する重要なテーマです。

8月29日夕方、「日本の未来を考える勉強会」より、岸田政調会長に提言書を提出した。

20180829YoseiKishida

中村裕之が世話人を務める日本の未来を考える勉強会で岸田政調会長に提言書を提出した。
日本の面積は世界の0.28%だが被害額は20%を越えており災害大国だ。30年7月豪雨を教訓に、事前防災の国債を発行しても徹底して行うべきだ。
そうすることで国民の生命を守り、トータルコストも最小化できる。

8月10日、日本の未来を考える勉強会で官邸へ申し入れを行った。

20180810Nippon2

20180810Nippon

日本の未来を考える勉強会で官邸へ申し入れを行った。
自然災害が多発する中で国民を守る為に事前防災を適切に行うよう西村官房副長官に財政措置を求めた。
小田川の切り替え工事が出来ていれば岡山県倉敷市真備町の被害は皆無になったはずだ。事前防災こそ国民の命と暮らしを守り、トータルコストを下げるのだ。

2月5日夜、「日本の未来を考える勉強会」に参加した。

同期の議員の勉強会で藤井聡内閣府参与が警鐘を鳴らした。税額がパッと頭に浮かぶ消費税率10%は最も消費を抑制するという調査結果を説明。2019年は五輪特需の減退と働き方改革と合わせて3つの消費押し下げ要因があることからデフレに逆戻りする危険性が大きい。消費税率10%にするなら20兆円規模の補正予算が不可欠だと語った。2次会の居酒屋まで熱く語り合った。

20180205Fujii120180205Fujii2

20180205Fujii3