週末、小樽市内の商店街の皆様と情報交換会を行いました。

外国人観光客が来なくなり国内客もマバラになる厳しい現状をお聞きしましたが、そんな中でも前向きなお話しも聞くことができました。中村裕之から、政府の各種支援策の資料をお示しし、概要説明を行いました。朝が来ない夜はない。ワクチン摂取が順次拡大され、先ずは国内客が動き出すことが期待されます。

9月5日午後には、村田のりとし道議会議員 後志政経セミナーに出席。

150905村田憲俊セミナー9月5日午後には、岩内高原ホテルで開かれた、盟友 村田のりとし道議会議員 後志政経セミナーに出席。

北海道経済連合会大内全会長が講演。

以下、要約。

北海道への外国人観光客の増加著しい。
第8期北海道総合開発計画を策定しているが、強みを活かさなくてはならない。

明治の初め、人口53000人だった北海道が、150年間で550万人になった。

ところが今や、人口減少社会を迎えている。

このままでは2040年には420万人になる。
札幌圏の人口は全体の34%から41%になる。

強みの食と観光で勝負していく。
北海道の農業は1兆円、漁業は2500億円生産している。
ナマコやニシン等の栽培漁業で輸出に打って出る。
続きを読む

【動画】国土交通部会で外国人観光客受入体制について発言 H27.2.3(No368)


2月3日朝8時から自民党国土交通部会に出席。交通政策基本法に基づく交通政策基本計画について、国土交通省から説明を聴取し質疑の後、了承した。

中村裕之からは外国人観光客の受け入れ態勢について現状のままでよいのか質問させていただいた。