中村裕之が取り組んできた、交通標識の英語併記の方針が決定した。

かねてから、中村裕之が取り組んできた、交通標識の英語併記の方針が決定した。

レンタカーを運転する外国人ドライバーが、一時停止標識の意味を理解せず、事故の危険が増えている。と、北海道観光振興機構等から、英語併記の要望が寄せられたことから、警察庁と協議してきた。

世界標準の八角形の一時停止標識への変更も検討して頂いたが、視認性の高さや予算面等から今回の結論に至った。

2020年東京五輪バラリンピックに向けて、主要な観光地等から順に切り替えを進めていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です