3月18日朝8時、自民党国土強靭調査会に出席。

160316国土強靭化調査会3月18日朝8時、自民党国土強靭調査会に出席。

柴山知也早稲田大学理工学術院教授から、津波・高潮研究について、講演を拝聴した。

柴山教授の研究室来ていた留学生が世界中の母国で研究を進めている。
その立場で、国連に働きかけ、11/5を世界津波の日を制定して頂いたことは誠に有意義であり、調査会の皆様に感謝申し上げる。

台風は今後も明らかに強大化する。
高潮被害は増える。
更に、高潮予測を1日前に出すことは困難を極める。

津波予測は難しいが、津波発生装置を活用して津波に強い施設を造る研究を進めている。

研究室から、津波に強い首都地下鉄対策の仕事に就いている教え子が対策を進めており、もう少し期間を要するが、随分進んできている。
と、話された。

防災研究も進んでいるが、防災意識が大切だともおっしゃられた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です