1月7日正午から、為公会例会に出席。

1月7日正午から、為公会例会に出席。160107tokyo01

麻生太郎会長から
昨日、北朝鮮が四回目の核実験を行ったと発表した。
これは我が国の脅威であり、日米で国連安保理の開催を要請し、対応している。
我々は、こうした脅威に「法律的な対応の遅れ」を解消し、対応できる様に、昨年、平和安全法制を改正した。
一方、中東においても昨年の予算委員会で、ホルムズ海峡閉鎖等あり得ないと言っていた政党があったが、イランとサウジの国交が途絶され、ホルムズ海峡閉鎖も想定される事態となっている。

経済面でも、今日の中国市場は株価下落で取引停止となり、我が国の株価にも大きな影響が出ている。

我々は、こういった社会に住んでいるということを強く自覚しなければならない。

今、最も重要なことは自民党が一致結束し、補正予算や本予算を適正な時期までにそれぞれ通すことだ。皆が自覚して国会運営に当たって欲しい。と、ご挨拶された。

中村裕之も、身が引き締まる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です