9月25日、245日という戦後最長の通常国会が事実上閉会した。

150924為公会例会

9月25日、245日という戦後最長の通常国会が事実上閉会した。

正午の為公会例会では、麻生太郎会長から「平和安全法制が抑止力を高め、我が国の平和維持を確かにすることを、地元の支援者に説明するようお願いする。」とのご挨拶に続き、鴻池祥肇副会長から感謝の言葉があった。

衆議院の皆様にも御苦労をかけたが、私の持論である
「参議院は衆議院のコピーでもなければ、官邸の下請けでもない。議論の足らざるを補うよう審議を尽くすのが参議院の役割だ。」
を、全うさせて頂いた。

支えて下さった皆様に感謝申し上げる。

持論に基づき審議を進めた鴻池委員長に、会員から大きな拍手が贈られた。
国会終盤から、鴻池安保特別委員長に、SPが付くようになったそうだ。

午後の本会議前の代議士会では、谷垣幹事長から感謝のご挨拶があり、最終の本会議をもって事実上の閉会となった。

多くの法案が審議され、国民生活の安定と国家の隆盛を図る与党として、成果のあった国会だと感じている。150925代議士会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です