7月14日午後、島牧村バックカントリースキー実現の要望に訪れ、中村裕之も関係各省に同行。

150714島牧村要望林野庁長官7月14日午後、島牧村藤澤村長をはじめ、議会、経済界の代表が要望活動に訪れ、中村裕之も関係各省に同行した。

人口1600人を切った島牧村の地方創生のために、狩場山でのバックカントリースキーを実現したい。

その為に林野庁に、国有林に雪上車を入れる許可を出してもらわなくてはならない。

雪上車で観光客を狩場山の頂上まで運び、パウダースノーを思い切り楽しんでもらう。

スキー場以外でバックカントリースキーの許可を得る初めての試みだ。

中村裕之も、その実現のため、全力を尽くしていく。

7月14日午後、島牧村バックカントリースキー実現の要望に訪れ、中村裕之も関係各省に同行。」への2件のフィードバック

  1. 島牧村バックカントリースキー、非常におもしろい取組ですね。すでにいくつかの事例がありますが、今後の展開が気になります。
    どこかで進捗を拝見することは可能ですか?

    • ご意見ありがとうございます。島牧村では公設民営でこのバックカントリースキーツアーを事業化すべく、許認可や予算等を国や関係部局と調整中ですが、進捗を公にしているところはございません。一定の前進があればまたこのホームページ等に掲載してまいりたいと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です