6月4日朝8時、たばこ議員連盟、厚生労働部会に出席。

150604厚生労働部会6月4日朝8時、たばこ議員連盟、厚生労働部会に出席。

たばこ議員連盟として、現在、1/3政府が所有しているJT株について、年間720億円の配当収入もあり、葉たばこ農家やたばこ小売り販売店の意見を尊重し、保有するべきとの結論に至った。

厚生労働部会では、日本年金機構と関係省庁から、情報流出案件の経緯の説明を受けた。

日本年金機構は加入者に、電話での通知は一切行わず、全て、郵便により行う。
125万件の年金番号を変更し、全ての対象者に通知するには、3ヶ月程度の期間を要する。
125万件以外に流出が無いとは断定できない。
等が報告された。

再発防止策や、他の政府機関のチェックの必要性について、内閣官房情報セキュリティセンターNISCより報告があった。
政府機関に対し、5秒に一回サイバー攻撃がある中で、今後のセキュリティ対策の強化を図り、再発を確実に防止しなければならない。

日本年金機構が、社会保険庁の体質を引きずっており、存廃も含めて議論が必要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>