5月19日、全国JA青年部協議会「TPP国会決議順守の座り込み」を激励

150519TPP座り込み激励①5月19日朝8時、農業基本政策PTに出席。
農地中間管理機構の初年度の実績と課題について、農水省から報告を聴取。
県単位で順位も付けた資料もあり、北海道は16位。
農地の出し手を募る体制や取組に差がある現状だ。

議員会館前には全国JA青年部協議会が、TPP交渉での国会決議を守るよう求め、座り込みを行っており、中村裕之も北海道からの参加者を激励するとともに、国権の最高機関である国会が政府に突きつけた決議を守るよう、国会議員として強力に求めていくことをマイクを通してお約束した。

150519TPP座り込み激励②

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です