河野大臣にワクチン供給の要望を行いました。

河野太郎大臣に麻生派若手議員が申し入れ、ワクチン供給の要望をリモートでさせていただきました。

全国の市町村や企業、団体が一斉に接種機会を増やして頂き、100万回を大きく超えて一日140万回の水準に達した結果、要望どおりにワクチンの供給ができていない。6月までに供給したワクチンの8割は、接種準備が遅れていても、人口割合で供給しているので、在庫になっており、在庫と新たな供給分を見極めながら、予約を進めて欲しいと、説明がありました。
その計算では、札幌市では一日あたり4000回接種を増やせる計算になるそうです。職場接種も満杯で、既に予約している分の新たな割当は、8月2日にワクチンを発送し、9日に接種開始が最短のスケジュールだと確認しました。

ワクチン接種にご尽力いただいている皆様に心より感謝申し上げ、ご報告とさせていただきます。

北海道経済連合会の真弓会長と要望活動をいたしました。

北海道経済連合会の真弓会長が上京し、国土交通省へ要望活動を行いました。JR北海道支援や高速道路整備など、恵まれた疎を活かし、選ばれる北海道を目指していくことを国土交通省幹部に訴えました。

鈴木知事からリモートで要望いただきました。

自民党道連は、鈴木知事からリモートでコロナ経済対策や北海道開発予算増額確保の要望を受けました。
また、来道客の無料PCR検査を国の予算で空港で実施することが決まり、知事から感謝の言葉がありました。
中村裕之も道連副会長として、令和3年度補正予算の編成や令和4年度予算確保に取り組んで参ります!