河野大臣にワクチン供給の要望を行いました。

河野太郎大臣に麻生派若手議員が申し入れ、ワクチン供給の要望をリモートでさせていただきました。

全国の市町村や企業、団体が一斉に接種機会を増やして頂き、100万回を大きく超えて一日140万回の水準に達した結果、要望どおりにワクチンの供給ができていない。6月までに供給したワクチンの8割は、接種準備が遅れていても、人口割合で供給しているので、在庫になっており、在庫と新たな供給分を見極めながら、予約を進めて欲しいと、説明がありました。
その計算では、札幌市では一日あたり4000回接種を増やせる計算になるそうです。職場接種も満杯で、既に予約している分の新たな割当は、8月2日にワクチンを発送し、9日に接種開始が最短のスケジュールだと確認しました。

ワクチン接種にご尽力いただいている皆様に心より感謝申し上げ、ご報告とさせていただきます。

北海道経済連合会の真弓会長と要望活動をいたしました。

北海道経済連合会の真弓会長が上京し、国土交通省へ要望活動を行いました。JR北海道支援や高速道路整備など、恵まれた疎を活かし、選ばれる北海道を目指していくことを国土交通省幹部に訴えました。

鈴木知事からリモートで要望いただきました。

自民党道連は、鈴木知事からリモートでコロナ経済対策や北海道開発予算増額確保の要望を受けました。
また、来道客の無料PCR検査を国の予算で空港で実施することが決まり、知事から感謝の言葉がありました。
中村裕之も道連副会長として、令和3年度補正予算の編成や令和4年度予算確保に取り組んで参ります!

補正予算の編成を求めました。

北海道商工会議所連合会と北海道選出衆参国会議員との、政策懇談会が開かれた。
各会頭からカーボンニュートラルやエネルギー政策への積極的な考えが示された。また、当面の経済対策として、地方創生臨時交付金の追加交付など、積極的な財政政策と補正予算の編成を求める要望があった。
その後開かれた自民党政調全体会議で、中村裕之から補正予算の編成を求めた。国難にあって、もっと国民へ手を差し伸べることを。

今日のラーメン、小樽のとろり唵。

とろり唵、小樽市桜町ロータリー上。
小樽あんかけ焼そばは、B級グルメ全国大会で上位に入賞した経歴を持つ。
ハーフ&ハーフはあんかけ焼そばとチャーハンで二度美味しい。
だが実は、味噌ラーメンも美味です!

札幌支部連合会総会と北海道支部連合定期大会を行いました。

週末、自民党は札幌市内で札幌支部連合会総会と北海道支部連合定期大会を開きました。札幌支部連合会総会では、1区から5区の支部長が総選挙の必勝を誓いあいました。

小樽市長と地域バス路線維持の要望をしました。

はざま小樽市長と共に国土交通省へ、地域バス路線維持への国の支援充実を求める要望活動を行いました。
小樽市は積雪寒冷地に加え坂の多い街であることから、他の市町村よりバス運行経費が嵩んでいます。
現状は道南エリア統一単価で見ているため、例えば日高地方のような平らで雪が少ない地域と同じ単価です。補正係数などで、地域の状況に合った見直しをしていただくよう要望しました。中村裕之も、引き続きこの課題解決に努力して参ります。

「高収益作物時期作支援交付金」の4次公募が本日スタート。

新型コロナウイルスの影響で売り上げの減少した野菜・果樹等の高収益作物について、次期作に前向きに取り組む生産者を支援するための「高収益作物時期作支援交付金」の4次公募が本日スタートしました。
今回は今年の冬の分が対象となり北海道ではミニトマトや小松菜なども対象となります。#後志#ミニトマト

「国民皆歯科検診」の実現を目指す議員連盟に出席。

全国民が歯科検診を継続して受けられる制度を、法律も整備して築きあげる議員連盟がスタート。
健康年齢を引き上げ、充実した人生100年時代を過ごす為には歯の健康が重要だ。
歯の健康は、医療費をトータルで削減することにも繋がる。

安倍前首相、また議連顧問に

時事ドットコムニュース 2021年06月16日18時45分