10月1日、国土交通委員会視察2日目、指宿海岸人工海浜保全事業を視察。

15091001国土交通員会視察①10月1日、国土交通委員会視察2日目。

朝、指宿海岸人工海浜保全事業を視察。

かつて広々して競馬も行われていた砂浜が、波返し付近まで失われた。

観光名所の砂むしも、囲まれたスペースで営業しており、砂浜の再生は観光、防災両面で求められている。

今年度から事業化し、離岸堤の建設等が始まる。

砂むしは血流を高め、医学的に効能が証明されているそうだ。

指宿からはJR九州の企画列車「たまてばこ」に乗り、鹿児島中央へ向かい、熊本へ移動する。15091001国土交通員会視察②

9月30日午後、国土交通委員会でJR九州隼人駅視察。

150930国土交通委員会視察③9月30日午後、JR九州隼人駅視察。

企画列車「隼人の風」や、ななつぼしの歓迎に地元市長や高校生もお出迎え。

ななつぼしは、地域の誇りになっており、おもてなし精神いっぱいの歓迎だ。

JR北海道も安全対策に万全を期し、その上で豪華列車を走らせて欲しいと感じた。150930国土交通委員会視察④

5月13日、国交委員会にJR九州・北海道・貨物の社長を参考人に招致しJR九州上場法案を審査。

150513国交委員会5月13日、国土交通委員会にJR九州、JR北海道、JR貨物の社長を参考人に招致し、JR九州の上場を内容とする法案審査を行った。

委員会審議は淡々と進むなかで、今村委員長が中座する際、中村裕之に委員長席に座るよう指示して下さり、議事を進行した。

初めての経験ながら、落ち着いて仕切ることができたと思う。

中村裕之が委員長席に座っている時に、JR北海道の島田社長が安全管理についての決意を答弁する場面があり、何か、因縁めいたことを感じた。

今村委員長をはじめ、自民党理事の皆様に感謝申し上げる。

2月17日、自民党国土交通部会、続いて自民党ジビエ議員連盟に出席。

150217ジビエ議連 2月17日朝8時、自民党国土交通部会、続いて自民党ジビエ議員連盟に出席。

JR九州の来年の上場に向けて、今国会で国土交通委員会に付託される予定の法案を審議。

ジビエ議連では、狩猟鳥獣の食品化に関する現状と課題を関係各省から聴取。

午後の本会議では、各党代表質問二日目を行う。