JA北海道の皆様が上京し、所得安定対策について要望を頂いた。

JA北海道の皆様が上京し、所得安定対策について要望を頂いた。
中村裕之の地元でも甜菜の栽培が行われており、手間もかかることから栽培面積が減少傾向にある。
糖度基準を16.6に留めることができたが、単価が下がり心配だ。
北海道の輪作が維持されるよう、今後も生産者の意見を聴きながら取り組んで参る。

2月9日午後には、北海道選出与党議員とJAグループ北海道との意見交換会に出席。

170209JA北海道要請集会2月9日午後には、北海道選出与党議員とJAグループ北海道との意見交換会に出席。

テーマは生乳指定団体制度と加工原料乳補給金制度だ。

規制改革推進会議が実態を解って進めようとしていつのか疑問だ。中村裕之も生産現場の意見を法案に盛り込むよう役割を果たしてゆく。

11月21日夕方、JA北海道の、JA改革と指定管理者制度に関する要望会に出席。

161121JA北海道要請集会11月21日夕方、JA北海道の代表団から、JA改革と指定管理者制度に関する要望会に出席。

JA北海道中央会飛田会長から、規制改革推進会議の改革案に対する反対が改めて表明され、北海道選出国会議員で、断固阻止すると申し上げた。

改革案は、生産現場の実態や過去の議論を無視した内容であり、断固阻止していく。

生産者の皆様に不安を与え、政権与党を不信に陥れた改革案に怒りを覚える。

【動画】新年初の国会活動(水産部会役員会・畜産酪農要望)H27.1.7(No355)


1月7日、インフルエンザから復帰だ。新年初の国会への登院だ。

水産部会役員会では軽油引取税減免の3年延長等、税制大綱取りまとめ結果と、平成26年度補正予算につい概要につい報告を受ける。漁業団体から強い要望があった燃油高騰対策では省エネ機器導入支援予算に要望通り80億円を確保することができた。水産関係予算では象徴的な項目だけに、水産部会の活動の大きな成果だ。

夕方、北海道からの農業団体要望団が中村裕之の議員会館の部屋を訪れた。今後の部会等で予算や政策に要望を反映していかねばならない。