11月16日昼、志公会例会例会に参加した。

20171116sikoukai

毎週木曜日の正午からは派閥の例会だ。もちろん中村裕之は所属する志公会例会に出席。
麻生太郎会長から「我々は国民の多くの支持を得た。議員はその期待に応えねばならぬ。議員には当然に質問する権利がある。衆議院での質問は党内議論と違い、記録が残る。昨今は野党の質問時間がやたらと長くとられてきたが、この始まりは確か小沢一郎先生の《与党は政府に質問しなくていい》とおっしゃたことではないか。与党の質問時間が長くなると質問の機会は増える。各自よく準備してしっかりと質問するよう心がけてくれ。」とご挨拶された。望むところだ!!

11月9日、志公会例会に出席。

20171109志公会志公会例会に出席。麻生太郎会長から「日米首脳会談が行われ、私もいくつかの場面で同席したが、これ程両国首脳の関係が良い事はかつてない。我々は日本を守ると国民の皆様に約束した。日米同盟があり、文書を交わしているから動くものではない。やはり、首脳同士の信頼があって動くものだ。我々は必要な法律の成立等、適切な対応をとってきた。そういう成果が現れた米国大統領の日本訪問だった。」と、ご挨拶があった。

中村裕之も選挙中の約束を果たすよう全力を尽くしてゆく。

 

11月1日午後、財務省で麻生太郎大臣を訪ねた。

20171101MRaso

1日、財務省で麻生太郎大臣を訪ねた。小樽海上技術学校の老朽化に伴い閉校を検討するよう財務省が求めている。麻生太郎大臣に「統廃合で空いている小学校の校舎を小樽市が提供すべく検討している。」状況を説明し、再考を求めた。麻生太郎大臣は簡単には了承してくれないが、粘り強く対応してゆく。

7月3日、新派閥「志公会」が発足。

麻生太郎会長を中心に新派閥「志公会」が立ち上がった。60人の議員が志を高くもち公のために互いを磨き合う。

麻生太郎会長から「政権の安定が経済政策や外交等、必ず国民のためになる。安倍政権をど真ん中で支えてゆく。」と述べた。

170703志公会設立総会 170703志公会設立総会②

 

 

6月16日、会期150日の通常国会が閉会した。

会期150日の通常国会が閉会した。

中村裕之は所属する為公会の打上に出席。

麻生太郎会長から所属議員に労いの言葉を頂き、

「最後に一言、今日は相澤英之先生の白寿の御祝いだ。」

の言葉と同時に99本の薔薇の花束が贈られた。

為公会の名称で集うのも今日が最後になる。

7月3日には三派合流して新たな会を立ち上げる。

そのメンバーの一人として、これからも精進してゆく。

20170616heikai120170616heikai

5月18日(木)、12時から為公会例会に出席。

20170518為公会為公会例会で麻生太郎会長から「協議中の3派合流が進んでいる。

安倍政権をど真ん中で支え、安定した政治のあり方を日本から世界に発信する。

同時に、政策提言をしながら党内で切磋琢磨して行ける体制を築く。」

と、ご挨拶があった。

二大政党制に代わる「大政党内疑似政権交代制」だ。
民主主義を保ちながら、その危うさを回避して政治の安定を図る。

その一歩を踏み出した。望むところだ。

 

4月12日、為公会と語る夕べ。

為公会と語る夕べ今週開かれた「為公会と語る夕べ」のヒトコマ。

中村裕之も右端に写っています。地元からも市町村長や議会議長の皆様を始め、駆けつけていただき、声援を頂きました。ありがとうございます!!

3月2日、為公会例会で麻生太郎会長の挨拶

170302為公会例会3月2日、為公会例会で麻生太郎会長から挨拶。

お陰様で予算が27日に衆議院を通過した。実に18年振りの早さだ。
参議院でも精力的に審議し1日でも早く国民の皆様に届けることが最大の経済対策だ。と述べた。

 

2月16日、為公会例会で麻生会長より訪米報告。

170216為公会例会今週の為公会例会では、

麻生太郎会長から
「日米首脳会談は良い形になった。4回も一緒に飯を食うなど、かつて無いことだ。今後はフロマンよりかなり真面目なペンス副大統領と甘利先生より真面目な麻生太郎が、二国間の経済について協議を進めてゆく。」と意欲を述べた。