6月7日、自民党政調全体会議で骨太方針等の議論が行われた。

180607政調全体会議自民党政調全体会議で骨太方針等の議論。

デフレ完全脱却を果たさなくては財政健全化もできない。それなのに消費税を上げれば、個人消費の落ち込みにより需給ギャップが拡大し再デフレ化のおそれがある。まずデフレ脱却してから財政健全化を図るべきだが、どうしても上げるのなら需要変動対策を万全にしなければならない。中村裕之から2019~2021までは財政を出動して万全を期すよう求めた。

【動画】政調全体会議でH29年度骨太方針について発言 H28.5.24(No513)


5月24日朝8時から、 自民党政調全体会議に出席。経済財政運営方針、いわゆる骨太方針や規制改革方針について、先週に引き続き議論を行った。

中村裕之が先週の国土交通部会で要望した、防災上必要なダブルネットークの整備を、秋元部会長が主張して下さり、取り入れられた。

また、来年度予算編成方針について、 中村裕之から、非常に抑制的で、安倍総理が欧州を歴訪し、財政出動を主張しているのと矛盾があり、修正して頂くよう求めさせて頂いた。

個人消費が弱含みであり、GDP600兆円を目指すには、財政出動を行うべきは明確だ。

来年度予算編成に直接影響を及ぼすだけに、意見を申し上げずにはいられない。

5月24日朝8時から、 自民党政調全体会議に出席。

160524政調全体会議①524日朝8時から、 自民党政調全体会議に出席。

経済財政運営方針、いわゆる骨太方針や規制改革方針について、先週に引き続き議論を行った。

中村裕之が先週の国土交通部会で要望した、防災上必要なダブルネットークの整備を、秋元部会長が主張して下さり、取り入れられた。

また、来年度予算編成方針について、 160524政調全体会議②
中村裕之から、
非常に抑制的で、安倍総理が欧州を歴訪し、財政出動を主張しているのと矛盾があり、修正して頂くよう求めさせて頂いた。

個人消費が弱含みであり、GDP600兆円を目指すには、財政出動を行うべきは明確だ。

来年度予算編成に直接影響を及ぼすだけに、意見を申し上げずにはいられない。

 

5月20日朝8時から自民党政調全体会議に出席。

160520政調全体会議5月20日朝8時から

自民党政調全体会議に出席。

骨太方針2016や規制改革についての議論のスタートだ。

AIやFinTec等を普及し、生産性向上を図るとともに、一億総活躍に向けて保育士や介護士、非正規の処遇改善を進める。

来週にかけて各部会での議論や全体会議を経て党の提言を取りまとめる。

【動画】国土交通部会・政調全体会議で骨太方針を議論 H27.6.23(No429)


6月23日朝8時から、国土交通部会に出席。骨太方針等について議論した。

平成25年度は公共投資予算も増大したが、2年経過した今年度は、建設関連産業では、秋渇れ、夏渇れが不安視されていると、実情を訴えた。

午後の政調全体会議でも発言しようと、挙手したものの、発言者多数で断念。

「財政法では建設国債の発行は認めており、赤字国債の発行は禁止している。公共投資は、将来世代にストック効果を発揮するので、世代間の負担の公平を図る考え方だ。そもそも、これらを一色単に議論していることが可笑しい。」 と、斎藤健農林部会長が発言してくれた。

中村裕之が、先日、国土交通委員会で取り上げた議論と同主旨だ。
党の考えが、財政法第4条の主旨に沿った議論となるよう、これからも主張していく。