塩谷トンネルの貫通式。

普段近くを通行していても、どれだけ進んだか判らないのがトンネル工事。

先日、福津組にご挨拶にお邪魔した際に塩谷トンネルの進捗を尋ねたら、貫通式があると聞いてお邪魔した。

小樽〜余市間で最後に残ったトンネル工事が無事に貫通した。

現在の塩谷トンネルはキツいカーブがあり、危険度が高い。

無事故での一日も早い開通を祈る。

3月12日午前中、一般国道5号小樽市忍路トンネル貫通式に出席。

160312忍路トンネル3月12日午前中、一般国道5号小樽市忍路トンネル貫通式に出席。

現道の忍路トンネルと桃内トンネルを繋ぐ1640mの新トンネルが貫通した。

本トンネルが供用されれば、両トンネル間の落石・崩落の危険性が高い海岸線部分を通らずに余市~小樽間を往来でき、防災面で顕著な効果が期待できる。

一年でも早い供用開始ができるよう予算を確保することも、中村裕之の仕事だ。

地域経済、防災、観光、救急医療等にストック効果が期待される事業の進捗に努力していきたい。