8月2日、「日本の未来を考える勉強会」で、二階幹事長へ申し入れを行った。

20170802二階幹事長提言8月2日、「日本の未来を考える勉強会」有志一同で、二階幹事長へ提言書の申し入れを行った。

2期生の有志で4月から6回の勉強会を開催し、その結果を提言にまとめ二階幹事長にお届けした。

今年の1~3月期の名目成長率はマイナス。デフレーターもマイナスだ。政府はPB黒字化目標を破棄し、

GDPの拡大を最重点に財政出動を行うべし!!

 

5月16日、自民党若手勉強会に参加し、財政政策を考える。

20170516wakate自民党若手勉強会に、クレディセゾンの島倉原氏が講師として来て下さった。
政府支出が不足している状況は経済成長を阻害しデフレ脱却を遅らせている。
需要を創出せず生産性の向上だけを進めても在庫が増えるだけだ。
需要を創出するには政府による財政出動は必須であり、骨太方針に財政出動を盛り込まなければ、日本経済は低迷を続けてしまう。
若手議員が協力して、政府に積極財政政策を求めていく。

 

【動画】政調全体会議でH29年度骨太方針について発言 H28.5.24(No513)


5月24日朝8時から、 自民党政調全体会議に出席。経済財政運営方針、いわゆる骨太方針や規制改革方針について、先週に引き続き議論を行った。

中村裕之が先週の国土交通部会で要望した、防災上必要なダブルネットークの整備を、秋元部会長が主張して下さり、取り入れられた。

また、来年度予算編成方針について、 中村裕之から、非常に抑制的で、安倍総理が欧州を歴訪し、財政出動を主張しているのと矛盾があり、修正して頂くよう求めさせて頂いた。

個人消費が弱含みであり、GDP600兆円を目指すには、財政出動を行うべきは明確だ。

来年度予算編成に直接影響を及ぼすだけに、意見を申し上げずにはいられない。

5月24日朝8時から、 自民党政調全体会議に出席。

160524政調全体会議①524日朝8時から、 自民党政調全体会議に出席。

経済財政運営方針、いわゆる骨太方針や規制改革方針について、先週に引き続き議論を行った。

中村裕之が先週の国土交通部会で要望した、防災上必要なダブルネットークの整備を、秋元部会長が主張して下さり、取り入れられた。

また、来年度予算編成方針について、 160524政調全体会議②
中村裕之から、
非常に抑制的で、安倍総理が欧州を歴訪し、財政出動を主張しているのと矛盾があり、修正して頂くよう求めさせて頂いた。

個人消費が弱含みであり、GDP600兆円を目指すには、財政出動を行うべきは明確だ。

来年度予算編成に直接影響を及ぼすだけに、意見を申し上げずにはいられない。

 

3月14日午後、創生「日本」勉強会に出席。講師には経済学者がお二人。

3月14日午後、創生「日本」勉強会に出席。
講師には経済学者がお二人。

160314創生日本①まず、本田悦朗内閣官房参与
以下、要約。(記憶による)

1990年を1とした世界の名目GDPを見ると、2015年には
ノルウェー4.1倍を筆頭に、豪州、スペイン、米国、カナダ、スェーデン、オランダ、イタリア、ドイツ、フランスが2倍以上、スイス1.8倍、先進国の中で日本だけが1.1倍だ。

名目GDP600兆円
2%の経済成長は、達成できる目標であり、達成しなければならない。
マクロ経済成長なくして財政再建なしだ。

その意味で消費税8%は予想以上のダメージだった。
平成29年4月の10%は延期し、むしろ一時的に5%に戻し、財政出動を実施すべきだ。

160314創生日本②日本の政府債務は1100兆円だが、国家債務は違う。国民、企業等の資産や政府の対外資産を勘案した国家債権債務は370兆円の資産超過だ。

2%のインフレ目標を達成し、デフレ脱却宣言を行うまで、金融緩和を行っても、国債の信用には何ら問題はない。

アヘノミクスを安倍政権で完遂する。

それしか日本のマクロ経済を成長に導き、デフレから脱却する道はない。

と、お話しされた。

 

次に 高橋洋一嘉悦大学教授

続きを読む