日EU協会欧州交流セミナーにて齊藤余市市長ご講演。

北海道日仏協会、日EU協会欧州交流セミナーで齊藤啓輔余市町長がワインをテーマに講演した。

余市のワイナリーは30年ほど前にドイツのワインぶどうの苗木を導入しながら、生食用ぶどうも使用している特色あるワインだ。

北欧を中心に関心を持たれており、日EU・EPAを契機に輸出も視野に入れて、展開を模索している。

外務省欧州局に勤務していた齊藤町長だけに、来場者から期待の声が上がった。

石油流通問題議員連盟に出席。

自民党石油流通問題議員連盟に出席。
令和2年度予算要求や税制改正に加え、廉売問題も議題として取り上げられた 。
長崎県では県と石油組合が災害協定を結んでいるが、民主党政権時に競争入札に切り替えられたものを、県議会での決議に基づき随意契約に戻した事例が報告された。
佐賀県の豪雨災害や千葉県の台風停電災害を見ても、エネルギー供給の最後の砦とされているSSが.非常用発電機への燃料供給に走り回っており、SSの重要性は、住民の誰もが災害時に痛感することになる。

志公会研修会に参加。

麻生太郎財務大臣を慕う政策集団「志公会」研修会に参加。
麻生会長から「日本の国体を基本に、憲法改正を議論する時期に来ている。」と、日経新聞の世論調査で77%が議論すべきとしたことも含め、投げかけがあった。
議員同士が真剣に「どうあるべきか」を議論し、有意義な研修に参加させて頂いた。
懇親会も和やかに過ごさせて頂いた。

厚労省から講師をお迎えし、手稲地域包括ケア研修会を開催。

厚生労働省から講師をお迎えし、手稲地域包括ケア研修会を開催しました。
10月の消費税率改定分を財源に、介護職等の処遇改善を行うことなど、約一時間講演して頂いた。
中村裕之としては、厚生労働省から直接情報をお伝えすることにより、地球包括ケアシステムの実効性を高めることに繋げて欲しい。と考え、講師の招聘を行っている。
年末には診療報酬改定の議論が大詰めを迎え、介護制度も改定案が示される。
しっかり対応して参りたい。

瀬立モニカ選手、東京パラリンピック出場決定!

文部科学省に中村裕之を訪ねて来て下さったパラカヌーの瀬立モニカ選手が、ハンガリーの大会で5位に入り、東京バラリンピック出場を決めました!

明るく努力家なモニカ選手に、皆様の応援をお願いします!

国立京都博物館視察、日本PTA全国研究大会兵庫大会開会式に出席。

京都で国立京都博物館を視察し、翌日は第67回日本PTA全国研究大会兵庫大会開会式に出席。
文部科学省を代表して、中村裕之から祝辞を述べさせて頂いた。
8000人を越えるPTA会員が全国から参加する最大の大会だ。
中村裕之は第51回日本PTA全国研究大会旭川大会の実行委員長を務めたことから、参加者へぬ敬意を表し、教師の働き方改革に関し、地域と学校の架け橋としてPTAの皆様のご協力をお願いした。
兵庫大会ということで、宝塚歌劇団OGのステージが披露され、舞台裏で写真も撮らせて頂いた。

 

こども霞ヶ関見学デー。

こども霞ヶ関見学デーが実施され、北海道経済連合会と要望活動に訪れた国土交通省は家族連れでいっぱいだ。
北海道局が催したアイヌ文化紹介コーナーも多くの子供たちが集まり盛況の様子。
エレベーターで会った子供たちに、将来はここで働けるとイイね!と、声をかけると、お母さんが「はい!」と元気に返答して下さった 。

佐藤のぶあき参議院議員候補個人演説会にて。

全国比例、佐藤のぶあき参議院議員候補個人演説会でご挨拶させて頂いた。
建設産業代表の佐藤のぶあき候補が、建設業の所得向上と国土強靭化を掲げ、支援を訴えた。
中村裕之から一枚目の投票用紙には岩本つよひと、二枚目には佐藤のぶあきと、建設業界の皆様にお願い申し上げた。

6月21日、郵便局の新しい利活用を推進する議員連盟総会に出席。

郵便局の新しい利活用を推進する議員連盟総会に出席。
ゆうちょ銀行預入限度額の引き上げや、土曜日配達の休止検討をはじめ郵便の制度改正等が説明された。
限度額引き上げによる資金シフトは見られてない。
郵便局長会は参議院議員選挙で柘植芳文さんを推薦している。
必勝に向けて万全を期していこう。