【動画】3日連続で地元からの中央省庁要望活動を展開 H30.11.16/19/20(No611)


11月16日から土日を挟んで20日までの3日間、地元から要望団が交代で上京し、中央省庁要望活動を展開した。

初日は、小樽・後志の市町村長で構成する海道新幹線・高速道路の推進期成会の皆様。今年は商工会議所の会頭の皆様も加わり、官民一体となってが国交省・財務省等を訪問。中村裕之は文部科学委員会に出席の為、同行することが叶わなかったが、事務所スタッフが案内し麻生大臣にも面会。

翌月曜日は倶知安町長・議会・民間の皆様が北海道新幹線と倶知安駐屯地の拡充の要望で国交省と防衛省を訪問。こちらは中村裕之も同行し派閥の先輩でもある岩屋大臣に直接要望することができた。

3日目は後志町村議会議長会の皆様が高速道路の要望で財務省・国交省に要望。この日も文部科学委員会の為、スタッフの同行となりましたが、委員会終了後に要望活動を終えた皆様が文科省の政務官室に激励に訪れて下さいました。地域を愛する皆様の活動に心より敬意と感謝を申し上げます。

【動画】10月の地元活動ダイジェスト H30.11.7(No610)


10月は文科大臣政務官としても公務や、政務においても予算要望などで平日はほとんど国会におりましたが、週末は地元で各地のイベントや行事に参加させていただくことができました。

スタッフが撮りためていたものをダイジェストでUPします。

【動画】南部後志町村議会議長会財務省・国交省要望 H30.10.25(No609)


中村裕之の地元から南部後志正副議長会の皆様が要望活動にお越しくださった。

倶知安〜共和間の高規格道路は11月23日に着工式が開かれるが、その先の倶知安〜黒松内の早期事業化を国土交通省や財務省に要望。麻生太郎大臣もこの夏ニセコリゾートを視察され、この道路は良いぞ!と、おっしゃった。役所からは地元でルート等について勉強会を始めてはどうかと助言を頂いた。新たなステージに向けて意義深い要望活動になった。

【動画】9月後半の地元活動をピックアップ H30_10_3(No608)


9月20日に自民党安倍総裁の3選が決定しましたが、臨時国会の開会までは1か月程度ありますので、9月下旬は地元に戻り、札幌・小樽・後志各地の行事やイベントなどに参加させていただいております。
(手稲支部パークゴルフ大会、後志高速道路体験ツアー(小学生対象)、小樽商科大学エレベータ棟落成式、余市味覚の祭典)

9月27日、自民党サマータイム導入研究会に出席。

党本部にて第1回自民党サマータイム導入研究会に出席。中村裕之も4月の環境委員会でパリ協定のCO2削減目標を達成するためにサマータイムの導入を検討しべしと質問した。最大の課題はコンピューターシステム改修がどの程度必要かという点だ。今後も研究会で積極的に活動してゆく。

おおくま和英代議士から非常用グッズが届きました。

おおくま代議士より
おおくま和英代議士から非常用グッズが届きました。ランタン、充電器、乾電池、ホイッスル、薬品そしてカセットコンロ等。おおくま代議士も大阪本部地震や台風21号の被災地の代議士にもかかわらず、心を砕いてくれました。ありがとう。感謝、感謝です!!

【動画】豊平川総合水防演習で挨拶 H30.6.17(No602)


6月17日、豊平川総合水防演習を視察。

札幌、石狩、江別等の消防団水防隊の皆様や、北海道開発局、自衛隊、北海道警察、道庁、自治体等から多数の参加があり、寒い風が吹くなか実践的な演習が行われた。中村裕之からも参加者の皆様に激励のご挨拶をさせて頂いた。

【動画】札幌西ICフル規格化建設期成会設立総会 H30.5.26(No599)


5月26日に札幌西インターチェンジフル規格化建設期成会設立総会開催され、同期成会の顧問を委嘱された。

昨年の選挙で「西IC小樽方面降り口の新設」を公約に掲げ関係機関に必要性を訴えてきた。実現できれば工業団地をはじめ、西区へのアクセス向上や、新川IC渋滞解消、手稲区民も均一区間で利用できる等多くのメリットがある。船橋代議士とタッグを組んで、期成会の要望実現に向けて最大の努力をしていく。

【動画】地元で自民党憲法フォーラムを開催。H30.5.6(No596)


中村裕之が支部長を務める自民党北海道第4選挙区支部で、憲法フォーラムを開催。

過去の歴史を振り返りながら、どのように平和を守れるか、日本国憲法について国民皆で真剣に考え、決断していく時を迎えている、と持論をお伝えさせて頂いた。

【動画】国会質問フルバージョン H30.4.17環境委員会(一般質疑)


4月17日、衆議院環境委員会で30分間の質問に立ちました。

サマータイムはOECD35カ国のうち31カ国が実施しており、日本だけが後れをとっている。国民生活への影響は軽微で効果は明らかだ。質問したことにより賛同の声も複数あり、今後も連携して働きかけを行っていくことを確認した。

後半では中国の廃プラ受け入れ中止問題に触れ、その影響や政府の対策について伺った。