10月26日、自民党水産部会にて。

20181026Suisan

中村裕之が自民党水産部会で主張してきたナマコの密漁罰則強化を、漁業法改正に盛り込むことが水産庁から示された。
罰金上限200万円を3000万円に引き上げる。
海洋環境か変化する中、ナマコは沿岸漁業者の貴重な収入源だ。
漁業経営の安定に資することを願う。

6月12日、自民党水産部会にて密漁の罰則の強化を訴えた。

20180612Suisan

自民党水産部会に岩手県と山口県の関係者が来てくださり、密漁の実体を報告して下さった。
ナマコの密漁者は2億円クラスの水揚げを揚げており、罰則の強化が必要だ。
そもそも窃盗罪が懲役10年に対して密漁が懲役3年では明らかにバランスを欠いている。
中村裕之から、罰則強化が必要だと訴えた。