衆議院国土交通委員会で半島振興法改正案を全会一致で議決した。

衆議院国土交通委員会で半島振興法改正案を全会一致で議決した。

来週、本会議での審議を予定。

三方を海に囲まれ、交通利便に乏しく平野に恵まれない半島地域を、公共交通網や産業振興、地域医療の確保等の面で支えてゆく。

この度の改正は昭和60年の制定以来3度目となるが、新たに助成制度を盛り込むことができた。

北海道では渡島半島とともに積丹半島も対象地域だ。

1月14日午後、自民党半島振興特別委員会に出席。

140115半島振興委員会1月14日午後、自民党半島振興特別委員会に出席。

半島振興法が今年3月末で期限を迎え、10年延長をすることにしているが、この際、地域連携や医療、教育、産業等の振興に対する配慮規定を新たに明記する方針が説明された。

議員から「地方創生のためにも半島振興交付金制度の創設」を盛り込むことが提案され、中村裕之からも「半島は三方を海に囲まれ、国境監視の役割も果たしており、交付金制度を導入し、定住を促進すべき。」ことを申し出た。

その扱いも含め、法案について役員一任を了承し、閉会した。