【動画】北海道経済連合会による国交省への要望に同行 H30.8.2(NO604)


8月1日と3日は地元にて移動政調会を開催。その間の8月2日は上京し、北海道経済連合会による国交省への要望に同行。

石井大臣をはじめ、航空局、鉄道局、道路局、港湾局、北海道局を訪問。国交省は7月31日に人事異動があり、新任の局長や幹部もいらしたので、空港民営化問題、JR北海道問題、高速道路の整備促進、クルーズ船誘致、災害復旧・防災対策と山積する北海道の課題をしっかりと要望させていただいた。

【動画】自民党北海道総合振興特別委員会決議申し入れ H28.11.28_12.1(No544)


11月28日と12月1日、
自民党北海道総合振興特別委員会の決議を持って、台風災害対策の補正予算と平成29年度予算の充実確保を、自民党党3役、財務省主計局長、そして石井国土交通大臣に要望した。

石井大臣から、「今回改めて高規格道路が災害に強いことを実感した。」と、おっしゃり、真摯に対応して下さった。

予算編成作業も大詰めを迎えようとしている。

12月1日午後、北海道総合振興特別委員会にて石井国土交通大臣へ要望。

161201北海道総合振興特石井国交大臣②12月1日午後、自民党北海道総合振興特別委員会の決議を持って、台風災害対策の補正予算と平成29年度予算の充実確保を、石井国土交通大臣要望した。

石井大臣から、今回改めて高規格道路が災害に強いことを実感した。
と、おっしゃり、真摯に対応して下さった。

予算編成作業も大詰めを迎えようとしている。
161201北海道総合振興特石井国交大臣①

 

11月8日、石井国交大臣に北海道選出与党議員でJR北海道への支援要望に伺った。

11月8日正午前に、
石井啓一国土交通大臣に、北海道選出与党議員として、161108石井国交大臣へ与党要望への支援要望に伺った。

JR北海道は分割民営化の際に、6822億円の経営安定基金を国から受け取り、7.3%の利率で運用することで、予想される赤字を補填するスキームが作られた。

しかし、低金利時代に入り、そのスキームが崩れたため、厳しい経営を余儀なくされた。

現在、JR北海道は、単独では維持困難な路線を対象に、公共交通の在り方について地域との協議に入ることを表明しており、地域も困惑している状況だ。

北海道選出自民・公明の衆参議員がこぞって、JR北海道の経営支援と、8月の台風により被災したJR施設復旧への支援拡充を、それぞれ石井国土交通大臣に要望した。

地域の足を守るため、与党一丸となって取り組んでいく。