自民党の各会議では、活発な論議が行われています。

温暖化が進むと、北海道と九州西部の降雨量が1.15倍になると予想されるそうだ。

治水議員連盟や農林水産戦略調査会、道路調査会等、概算要求に向けて、自民党の会議は熱を帯びてきています。

今週は開発予算の拡充をはじめ、各種予算確保で財務省を幾度も訪問。

161128開発予算申し入れ政調会長 11月28日、昼に上京。

自民党北海道総合振興特別委員会での決議文を手渡すため党幹部や財務省に足を運ぶ。

北海道開発予算の確保等のための働きかけをしています。

また党道路調査会や森林整備・治山事業促進議員連盟でも財務省に予算確保を申しいれた。

161128開発予算申し入れ総務会長11月30日も、予算要望で財務省へ。

自民党政調災害対策特別委員会と、治水議員連盟で、それぞれ予算確保の要望を行った。

国土強靭化を求める国民の声は強くなっている。

その声に応えていける予算編成になるよう、最善の努力をして参る。

161130森林整備申し入れ

161130災害特申し入れ