6月19日夜、志公会若手勉強会を開催。

河野太郎外務大臣を講師に迎え、志公会若手勉強会を開催。

徴用工問題に関し、韓国から提案があったが、日韓請求権協定の内容から逸脱しているため、受け入れられないとしたこと等、最近の我が国周辺の外交問題についてお話しを拝聴した。

外務省の女性管理職も参加し、各局の取組みをご説明頂いた。

中村裕之が若手勉強会事務局を勤めており、今後も研鑽を積んでいきたい。