【動画】自民党水産部会 水産物に親しむ給食PT 第2回 H28.3.16(No500) 


3月16日午後には、 中村裕之が座長を務める、自民党水産部会「水産物に親しむ給食PT」を開催。

今回は、給食に関する全国町村アンケートや全国漁協アンケートの結果を報告頂き、続いて被災地気仙沼から「気仙沼の魚を学校給食に普及させる会」代表の臼井壯太朗氏が取組事例を紹介して頂いた。

また傍聴されていた、ウーマンズフォーラム魚の佐藤事務局長からも学校給食での魚食の導入の難しさを事例を交えてご報告頂いた。

素晴らしい事例紹介をして頂いた気仙沼の臼井代表をはじめ協力団体の皆様には、心から感謝申し上げます。

3月16日午後、中村裕之が座長を務める党水産部会「水産物に親しむ給食PT」を開催。

160316水産物に親しむ給食PT3月16日午後には、
中村裕之が座長を務める、自民党水産部会「水産物に親しむ給食PT」を開催させて頂いた。

給食に関する全国町村アンケートや全国漁協アンケートの結果を報告頂いた。

アンケートて見えてきたことは
給食費の平均は一食あたり250円余であり、全国で給食に水産物を利用しているが、課題も多い。

代表的には
価格(2/3は県や市町村補助を活用している)
同一規格を大量に確保できない
調理に手間がかかる
骨があって食べずらい等だ。

全国の小学生660万人、中学生350万人の給食は保護者負担であり、国の補助金の対象ではない。

また、地元の魚の利用率も5割強と、輸入物の利用も多いことが判った。

価格や数量確保が課題だ。

入札だと輸入品に価格面で負けてしまう点も、妨げになっている。
続きを読む