【動画】8月の国会での活動報告 R1.8.29(No622)

8月はお盆休みを挟んで政府与党は概算要求の対応に追われます。 8月前半は文部科学大臣政務官として文科予算の要望を受ける一方、道内関係者の皆様と国交省や財務省への概算要求要望に同行し、月末には文科省の一員として党の文科部会で審議をいただく一方、北海道選出議員として水産部会や北海道総合振興特別委員会で発言をいたしました。

自民党北海道総合振興特別委員会が開かれた。

概算要求に向けて、自民党北海道総合振興特別委員会が開かれた。

北海道開発予算の令和2年度要求額は6714億円。

今年度予算に対して19%増だ。

この要求額を最大限確保するとともに、防災・減災・国土強靭化特別枠を別建てで積み上げる。

世界の北海道を前進するため、年末に向け、全力を尽くして参る。

自民党の各会議では、活発な論議が行われています。

温暖化が進むと、北海道と九州西部の降雨量が1.15倍になると予想されるそうだ。

治水議員連盟や農林水産戦略調査会、道路調査会等、概算要求に向けて、自民党の会議は熱を帯びてきています。

自民党本部では概算要求に向けての議論が大詰めだ。

自民党本部では概算要求に向けての議論が大詰めだ。

中村裕之は水産部会で、資源調査の信頼性に疑問がある中で資源管理を強める事に懸念を表明させて頂いた。

文部科学部会では大臣政務官として、質疑や意見を頂く側に。

小中高校のインターネット環境整備やエアコン、洋式トイレ等の環境整備予算を確保するよう議員各位からご意見を頂いた。 

教育・文化予算を確保するとともに、北海道の予算確保に力を尽くしていく。

概算要求に向けた、酪農団体等のみなさまのご要望、拝聴。

概算要求に向けて、北海道から酪農団体や土地改良区などの皆様が、中村裕之の議員会館に要望活動に訪れた。

今年はこれまで天候に恵まれ、北海道農業も好調に推移しているようだ。 気候変動が激しさを増す中、北海道農業の役割は益々高まっている。

農林部会等を通じて、北海道の予算確保に全力を尽くして参る。

【動画】国交部会、北海道総合振興特委、総務会に出席。H29.8.29(No565)


8月29日は党本部で概算要求関係の部会などが多数開催された。国土交通部会では臨時国会での補正予算提出を求め、北海道総合振興特別委員会では北海道開発予算6474億円を了承した。

また、中村裕之は自民党の最高議決機関である総務会のメンバーに就任。初の総務会が開かれ、人事案件が承認された。

8月28日より概算要求取りまとめの為に上京。

170829北海道開発予算概算要求概算要求の取りまとめのために上京し、北海道開発予算は6474億円の意欲的な要求をすることができた。

また、早朝のミサイル発射をうけて、衆議院安全保障委員会を開くことが決まった。明日の正午から委員会で政府の対応を質すことになった。

【動画】自民党北海道ブロック両院議員会 道商連・道知事からの要望会 H29.7.20(No563)


7月20日、朝8時より自民党本部で北海道ブロック両院議員会が開催され、北海道商工会議所連合会からご要望を賜った。JR北海道の経営問題から医療過疎問題まで内容は多岐にわたる。

昼からは同じく両院議員会で高橋はるみ北海道知事より平成30年度予算概算要求に向けて要望を受けた。災害予防や生産性向上等をテーマに、予算確保に努力してゆく。

7月20日、自民党北海道ブロック両院議員会で道商連、道知事より要望を受けた。

170720道商連要望7月20日、朝8時より自民党本部で北海道ブロック両院議員会が開催され、北海道商工会議所連合会からご要望を賜った。(写真右)JR北海道の経営問題から医療過疎問題まで内容は多岐にわたる。

昼からは同じく両院議員会で高橋はるみ北海道知事より平成30年度予算概算要求に向けて要望を受けた。(写真下)
災害予防や生産性向上等をテーマに、予算確保に努力してゆく。

170720道知事要望

【動画】自民党北海道総合振興特別委員会 H28.8.29(No533)


8月29日午後から、自民党国土交通部会、北海道総合振興特別委員会につづけて出席。

北海道総合振興特別委員会では、平成29年度予算概算要求について、台風被害状況について、国土交通省田村北海道局長と北海道庁山谷副知事から説明を聴取。

台風による農地災害は11,000haに及び、復数年にわたる影響が懸念される。高橋はるみ知事の要望通り、激甚災害指定に向けて、働きかけを強めることを確認した。

災害があったJR北海道の経営問題についても、国が地方と連携して対応するよう決議を行った。

立て続けに北海道を襲った3つの台風は、国民の食生活を揺るがす被害となった。

中村裕之も万全の対策を講じる考えだ。

被災された皆様に、心からお見舞い品申し上げます。