11月9日、志公会例会に出席。

20171109志公会志公会例会に出席。麻生太郎会長から「日米首脳会談が行われ、私もいくつかの場面で同席したが、これ程両国首脳の関係が良い事はかつてない。我々は日本を守ると国民の皆様に約束した。日米同盟があり、文書を交わしているから動くものではない。やはり、首脳同士の信頼があって動くものだ。我々は必要な法律の成立等、適切な対応をとってきた。そういう成果が現れた米国大統領の日本訪問だった。」と、ご挨拶があった。

中村裕之も選挙中の約束を果たすよう全力を尽くしてゆく。

 

2月5日夕方から、米海軍第7艦隊所属艦艇の小樽港寄港歓迎パーティーが開かれた。

160205第7艦隊歓迎パーティ①2月5日夕方から、米海軍第7艦隊所属、ベンフォールド号とバトリオット号の小樽港寄港歓迎パーティーが、自衛隊小樽協力会主催で開かれた。

ベンフォールドはミサイル駆逐艦、パトリオットは掃海挺だ。

北朝鮮がミサイルを発射したら、活動する可能性もある。

7日の出港まで小樽港に停泊し、隊員は短い息抜きをするのだろう。

第67回札幌雪まつり、第18倍回小樽雪あかりの路も開催中、短い息抜きをして頂きたいと思う。

中村裕之から
東日本大震災発生直後から、トモダチ作戦を展開し、救援活動を行って頂いたことに感謝申し上げるとともに、我が国周辺と東アジアの安定に尽力頂いていることに、心から敬意を表した。

 

160205第7艦隊歓迎パーティ②昨年は、安倍総理のもとに日米同盟に、より貢献できる法改正を行った。

今後も日米が連携し、東アジアの平和維持活動に尽力頂くよう、期待を申し上げた。

尖閣諸島には毎月3回の領海侵犯が繰り返され、南シナ海の岩礁が埋め立てて滑走路になり、更には北朝鮮から弾道ミサイルが発射されようとしている。

これらに立ち向かう、米国海軍第7艦隊の皆様に、敬意と感謝を示さずにはいられない。