こども霞ヶ関見学デー。

こども霞ヶ関見学デーが実施され、北海道経済連合会と要望活動に訪れた国土交通省は家族連れでいっぱいだ。
北海道局が催したアイヌ文化紹介コーナーも多くの子供たちが集まり盛況の様子。
エレベーターで会った子供たちに、将来はここで働けるとイイね!と、声をかけると、お母さんが「はい!」と元気に返答して下さった 。

トビタテ!グローバル教師フォーラムに出席。

トビタテ!グローバル教師フォーラムで文部科学省を代表して、中村裕之からご挨拶申し上げました。

講師にはサッカー解説をされているスポーツジャーナリストの中西哲生さんをはじめ、海外生活経験者をお迎えし、在外日本人学校等への勤務経験の貴重さをお話しいただきました。

学校現場にグローバル人材が求められており、多くの有為な人材に海外勤務を経験してもらいたい。

高等教育政策室長、ご挨拶に。

北海道教育委員会にかつて文部科学省から出向し、中村裕之道議会議員時代に一緒に仕事をした武藤久慶さんが、3年間のブラジル勤務を経て文部科学省に戻ってきた。

高等教育政策室長として、再び一緒に仕事をすることになり、早速ご挨拶に来て下さった。

頼りにしてるよ!

札幌市議会議員のみなさんから要望を頂く。

伴よしたか委員長をはじめ、札幌市議会の皆様が文部科学省の中村裕之の政務官室に要望活動に来て下さった。

2030年札幌五輪パラリンピック招致をはじめ、学校老朽化対策や知の拠点形成など、札幌市の政策課題について伺い、文部科学省の取り組みをご説明させて頂いた。

市議会の皆様と情報共有を図り、札幌市の今後の取り組みに活かしてゆける機会になったと思います。

北海道・北東北縄文遺跡群世界遺産登録について要望頂く。

道議会道見やすのり環境委員長が、文部科学省の中村裕之の政務官室にお越し下さった。

ウポポイ運営予算の確保と北海道・北東北縄文遺跡群世界遺産登録について要望頂いた。

7/30午後には文化審議会が開かれ、北海道・北東北縄文遺跡群の世界遺産推薦が審議される。

良い結論が出ることを期待している。

投開票日翌日の読売新聞夕刊に。

投開票日翌日も在京当番。

読売新聞夕刊に開票の際の党本部の写真が掲載。

中村裕之も安倍晋三総裁の並びで写ってます。

午後からは新国立劇場でオペラ「トゥーランドット」を鑑賞。

8/3と8/4には
札幌のhitaruホールでも公演されます!

第71回毎日書道展表彰式に出席。

投票日は在京当番。

第71回毎日書道展表彰式に柴山文部科学大臣とともに、中村裕之も大臣政務官として出席。

28000を越える作品から、2000人を表彰する国内最大級の書道展表彰式だ。

北海道からの受賞者も多数あり、毎日新聞社朝比奈会長からも「北海道は書道が盛んですね。」と、お言葉を頂いた。

受賞者の皆様、おめでとうございます。

岩本つよひと候補の応援に茂木敏充大臣が来てくれた。

岩本つよひと候補の応援に茂木敏充大臣が来てくれた。

島牧村も黒松内町も、現職大臣が訪問するのは初めてのこと。

自民党の本気度が伝わったと思う。

7月4日、別所哲也さんが中村裕之を訪ねて下さった。

俳優の別所哲也さんが中村裕之を訪ねて下さった。
別所さんは、20分前後のショートムービーの祭典を21年間続けてきており、文部科学省との連携を深めたいと申し出があった。
ショートショート映画祭はアカデミー賞への推薦枠を持つ、世界有数の映画祭だ。
中村裕之から、日本博の一貫に映画祭を加えて頂くことや、文部科学大臣賞を設けることなどを検討する旨お話しさせて頂いた。
余市高校出身の大川祥吾監督のお話しをすると、「水戸黄門Z」で賞をとった監督ですね。と、お話ししてくれた。
ネット配信の時代になり、少しの時間で楽しめるショート映画の需要は高まるかもしれない。