【動画】自民党農林部会、畜産・酪農対策小委員会合同会議 H29.2.17No552)


2月17日朝8時半、自民党農林部会、畜産・酪農対策小委員会合同会議に出席。

議題は加工原料乳生産者補給金制度の見直しについてだ。

これまで制度では乳牛と乳製品の受給調整に協力する酪農家が委託販売を行うホクレン等の指定団体を通じて補給金を支給していたが、この見直しでは指定団体以外にも受給調整に協力する事業者に補給金を支給することが検討されている。

中村裕之を含む多くの議員から、乳牛需要の多い夏場は独自販売し、冬場だけ委託するような「いいとこ取り」をされる事のないよう部分委託の在り方について釘をさすとともに、道外の議員からも、これまでの北海道の受給調整に感謝の意と応援をいただいた。

10月12日、指定団体制度の維持ついて北海道JAグループから要望をいただく。

10月12日、前日に補正予算が成立し衆議院は予算委員会で集中審議が行われた。

中村裕之は、
自民党農林部会酪農畜産小委員会に出席し、指定団体制度について議論を行い、

午後には、北海道JAグループが100名近く上京し、指定団体制度の維持について要望頂いた。

中村裕之から
「指定団体制度はJAグループのスケールメリットを活かした合理的な制度。乳業との価格交渉力を持ち、飲用と加工用の調整や効率的な集荷等の役割を果たしている。この制度の維持のため最大の努力をしていくが、価格交渉力の強化や透明性の確保、手数料の引き下げ等の声にも応えて欲しい。」

と、意見を述べた。

しっかり役割を果たしていく。