12月18日午後、慶応医学賞表彰式にて祝辞を述べさせて頂いた。

20181219慶應義塾の北里講堂で慶応医学賞表彰式が開かれ文部科学省を代表して祝辞を述べさせて頂いた。
これまで23回で41人が受賞し、うち8人がノーベル賞を受賞している権威ある賞だ。
受賞した柳沢正史教授から
「誰も知らないことを探ることが研究者の本分。研究成果が何に結びつくのか出口が解らない中で探求してきた。結果的に創藥に結びついたが、それを目的にしては研究者の純粋な研究とは異なる。どうか文部科学省も長い目で研究者を支援して頂きたい。そうでなければ日本の科学技術の進展はない。」 と言付かった。
短絡的な成果を求める傾向に警鐘を鳴らした言葉と受け止めさせて頂いた。

【動画】人口減少対策議員連盟で吉村泰典教授の講演を拝聴 H27.2.25(No383)


2月25日正午から、人口減少対策議員連盟勉強会に出席。 吉村泰典慶応義塾大学教授から講演を拝聴した。

中村裕之から、「自治体や経済団体が結婚を望む男女の結婚支援を行う必要があると考えるが、どうか?」と質問すると、「その通りだ。」と吉村先生から解答があり「非正規雇用を減らすことや、第3子以降は全て国費で成長を支援する仕組みづくりが必要だ。」と、語った。

講演の詳細についてはこちらの記事をご覧ください。http://www.hiro-nakamura.jp/?p=9409