【動画】国土交通部会・政調全体会議で骨太方針を議論 H27.6.23(No429)


6月23日朝8時から、国土交通部会に出席。骨太方針等について議論した。

平成25年度は公共投資予算も増大したが、2年経過した今年度は、建設関連産業では、秋渇れ、夏渇れが不安視されていると、実情を訴えた。

午後の政調全体会議でも発言しようと、挙手したものの、発言者多数で断念。

「財政法では建設国債の発行は認めており、赤字国債の発行は禁止している。公共投資は、将来世代にストック効果を発揮するので、世代間の負担の公平を図る考え方だ。そもそも、これらを一色単に議論していることが可笑しい。」 と、斎藤健農林部会長が発言してくれた。

中村裕之が、先日、国土交通委員会で取り上げた議論と同主旨だ。
党の考えが、財政法第4条の主旨に沿った議論となるよう、これからも主張していく。

6月23日朝は国土交通部会、午後は政調全体会議で骨太方針を議論。

150623国土交通部会6月23日朝8時から、国土交通部会に出席。

骨太方針等について議論した。

平成25年度は公共投資予算も増大したが、2年経過した今年度は、建設関連産業では、秋渇れ、夏渇れが不安視されていると、実情を訴えた。

午後の政調全体会議でも発言しようと、挙手したものの、発言者多数で断念。

「財政法では建設国債の発行は認めており、赤字国債の発行は禁止している。公共投資は、将来世代にストック効果を発揮するので、世代間の負担の公平を図る考え方だ。そもそも、これらを一色単に議論していることが可笑しい。」
と、斎藤健農林部会長が発言してくれた。

中村裕之が、先日、国土交通委員会で取り上げた議論と同主旨だ。

党の考えが、財政法第4条の主旨に沿った議論となるよう、これからも主張していく。

150623政調全体会議

【動画】自民党財政再建に関する特命委員会で発言 H27.6.10(No426)


6月10日11時から、財政再建に関する特命委員会に出席。2020年PB黒字化を揺るぎない目標とし、社会保障費、その他の歳出、地方財政の3分類の検討課題について、各議員から意見が述べられた。

中村裕之から 「財政法第4条は、建設国債の発行を認め、赤字国債の発行を禁じている。それは公共投資が将来世代に便益をもたらすために、現在の便益を減ずる性質のものだからだ。社会保障の赤字を将来世代に付け回しすることとは真逆の性質のものだ。社会保障分野では、健康診断受診者を増やすようにインセンティブを付与することが健康増進と医療費抑制に繋がる。」 と、意見を述べた。

医療・介護、生活保護等についても様々な意見が交わされたが、金曜日に再度、自由討議を行い、取りまとめに入る。

【動画】国会質問フルバージョン H27.4.15 国土交通委員会(一般質疑)


4月15日朝9:00より20分間、衆議院国土交通委員会で中村裕之が今国会初の質問に立った。今国会での法案審議に入る前の一般質疑で大臣を中心に以下の質問を行った。

①日中韓観光担当大臣会談 ②北海道の高速交通ネットワーク ③建設国債の位置づけと公共投資予算 ④JR北海道について