平成29年度予算が閣議決定。開発予算増額、メディカルウイング支援事業新規採択。

平成29年度北海道開発予算が5465億円で決着。
前年の5413億円から、約1%増額となった。

この他に、先に成立した平成28年度第二次補正予算に加え、来年には第三次補正予算が計上される予定であり、全道的には、災害対策等を着実に進めていける見込みだ。

政府は2020年PB黒字化目標を掲げ、97兆円を越える国家予算も硬直化している中で、精一杯頑張った結果だ。

平成29年度厚生労働予算で初めて、
患者輸送航空機運行支援事業、いわゆるメディカルウィングの補助が決定した。
H29予算額 1億2536万9千円
これまで、北海道医師会が、医療専用航空機を患者輸送に活用する実証運行を行ってきた。
その利用は、幼児や周産期患者が4割以上を占める等、データも揃い、必要性が認められた。
高橋はるみ北海道知事も、選挙公約に掲げた事業であり、本格運行に期待する。

12月20日朝8時、自民党農村基盤整備議員連盟総会に出席。

161220農業農村整備議連12月20日朝8時、自民党農村基盤整備議員連盟総会に出席。

民主党政権で半分以下に減額された土地改良事業関係予算を、自民党政権で戻すことができた。

平成21年度5772億円、から
平成24年度2187に減額されたが、
補正予算も含め
img_8566平成29年度5772に戻すことができた。

自民党の政治力が発揮された結果だ。

12月15日朝、水産政策調査会役員会で水産庁から予算折衝状況をヒアリング。

161215水産政策調査会役員会12月15日朝、水産政策調査会役員会で水産庁から予算折衝状況をヒアリング。

前日の内閣不信任案審議で疲れぎみだが、予算編成の作業は手を抜けない。

22日に予算が上がるまで、しっかり対応していく。

12月1日午後、北海道総合振興特別委員会にて石井国土交通大臣へ要望。

161201北海道総合振興特石井国交大臣②12月1日午後、自民党北海道総合振興特別委員会の決議を持って、台風災害対策の補正予算と平成29年度予算の充実確保を、石井国土交通大臣要望した。

石井大臣から、今回改めて高規格道路が災害に強いことを実感した。
と、おっしゃり、真摯に対応して下さった。

予算編成作業も大詰めを迎えようとしている。
161201北海道総合振興特石井国交大臣①

 

11時21日、自民党税制調査会、自民党政調全体会議に出席。

161121政調全体会議①

11時21日朝、手稲駅で朝のご挨拶をさせて頂き、新千歳空港から上京。

午後の自民党税制調査会に出席。

社会保障費の増大で国の財政が厳しさを増している。

党政調全体会議には、来年度予算編成方針案が示され、議論を行った。

161121政調全体会議②地方には財政出動を望む声が強くある。
と、中村裕之から意見を申し上げた。

経済再生なくして財政再建なしだ。

【動画】政調全体会議でH29年度骨太方針について発言 H28.5.24(No513)


5月24日朝8時から、 自民党政調全体会議に出席。経済財政運営方針、いわゆる骨太方針や規制改革方針について、先週に引き続き議論を行った。

中村裕之が先週の国土交通部会で要望した、防災上必要なダブルネットークの整備を、秋元部会長が主張して下さり、取り入れられた。

また、来年度予算編成方針について、 中村裕之から、非常に抑制的で、安倍総理が欧州を歴訪し、財政出動を主張しているのと矛盾があり、修正して頂くよう求めさせて頂いた。

個人消費が弱含みであり、GDP600兆円を目指すには、財政出動を行うべきは明確だ。

来年度予算編成に直接影響を及ぼすだけに、意見を申し上げずにはいられない。

5月24日朝8時から、 自民党政調全体会議に出席。

160524政調全体会議①524日朝8時から、 自民党政調全体会議に出席。

経済財政運営方針、いわゆる骨太方針や規制改革方針について、先週に引き続き議論を行った。

中村裕之が先週の国土交通部会で要望した、防災上必要なダブルネットークの整備を、秋元部会長が主張して下さり、取り入れられた。

また、来年度予算編成方針について、 160524政調全体会議②
中村裕之から、
非常に抑制的で、安倍総理が欧州を歴訪し、財政出動を主張しているのと矛盾があり、修正して頂くよう求めさせて頂いた。

個人消費が弱含みであり、GDP600兆円を目指すには、財政出動を行うべきは明確だ。

来年度予算編成に直接影響を及ぼすだけに、意見を申し上げずにはいられない。