11月14日昼、文部科学省に学校耐震化推進議員連盟で補正予算確保を要望。

20171114taishinka文部科学省に学校耐震化推進議員連盟で補正予算確保を要望。
公立学校の耐震化は概ね目標を達成したが、空調、洋式トイレ化等の環境整備や天井落下防止措置が残っている
私立学校や幼稚園の耐震化は公立より遅れており、中村裕之は「子供の命に公立私立の別はない。
私立も公立並の支援をすべきだ。」と意見を申し上げてきた。
林大臣も議員連盟の要望を真摯に受けとめて下さった。

5月18日午前中、札幌市議会文教委員会の皆様が、学校耐震化予算確保の要望で上京。

160518札幌市議会要望②

5月18日午前中、札幌市議会文教委員会の皆様が、学校耐震化等の環境整備予算確保のために、要望活動にみえた。

子供たちの命を守るため、耐震化等の予算が不足している中で、予算配分を求める大切な要望だ。

中村裕之も
文部科学省に赴き、堂故政務官に予算確保を要望させて頂いた。

160518札幌市議会要望①故政務官も理解して頂き、できるだけ早期に予算措置をすると、お話しして頂いた。

熊本地震を見ても、学校の耐震化はもちろん、トイレの様式化やエアコンの設置等、国が果たす役割は大きい。

北海道の学校施設が、万全の体制をとれるよう、中村裕之も活動していく。

【動画】北海道市長会と道選出議員の政策懇談会にて挨拶 H27.6.10(No427)


6月10日朝7:45より、北海道市長会と自民党北海道ブロック両院議員会との政策懇談会に出席。

市長会の新会長である菊谷伊達市長が冒頭に町村代議士に弔意を表され、その後全体要望を伺った。

新任の秋元札幌市長からはオリンピックの誘致について、同じく新任の森井小樽市長からは小樽ジャンクションのフル化について要望をいただいた。

中村裕之からもジャンクションの問題や学校耐震化に問題について回答をさせていただいた。

6月2日、公立学校整備促進期成会総会、肝炎サポート院内集会に出席

150602公立学校整備促進期成会6月2日、朝8時から自民党憲法改正調査会に出席。

今日は、委員会が開かれない分、公立学校整備促進期成会総会(写真右)や、肝炎サポート院内集会(写真下)等の会合に出席。

それぞれ地元から、日頃お世話になっている方々が出席されており、中村裕之の参加を喜んで下さった。

学校耐震化の面では、平成27年度が目標年度であり、耐震化は概ね進んだものの、エアコン設置や和式トイレの改修などの学習環境整備が遅れている。

加えて、最近の地震の際に発生している釣天井の落下事故に対する対策も、6220校が未だになされていない。

改めて、役割を果たさなければならない、と感じた。

150602肝炎サポート集会