1月7日、大日本水産会新年交歓会に出席。

190107dainipponnsuisannkai2

190107dainipponnsuisannkai大日本水産会新年交歓会に出席。白須会長や吉川農林水産大臣から、70年振りの漁業法改正を浜に根付かせて、水産日本の復活を成し遂げると決意のご挨拶があった。石破茂元大臣から法改正には中村先生が努力した罰則強化が盛り込まれたと紹介があり、恐縮した。ホタテ輸出が400億円サバが280億円と、牛肉188億円に比べリードしており、初めて3000億円を超えた予算を早期に成立させていきたい。

1月5日正午から、ホテルオークラ別館で、大日本水産会新年賀詞交歓会に出席。

160105大日本水産会新年賀詞交換会1月5日正午から、ホテルオークラ別館で、大日本水産会新年賀詞交歓会に出席。

水産関係の生産、加工、流通、販売に至る、各団体の代表が参加し、盛大な会になった。

白須会長から
与党の国会議員皆様のお陰で、漁船老朽化に対応するリース予算等、水産日本復活に弾みがつく予算を編成して頂いた。
TPPにより消費者が安い肉食に移る懸念もあるが、我々はこの予算を活用し、水産日本復活に努力を傾注する。
増加しているインバウンドのお客さまにも和食は好評だ。
2030年の輸出目標3500億円を前倒しで達成できるよう、頑張っていく。

と、力強いご挨拶があった。

早期の予算成立に向けて、全力を尽くしていく。