【動画】国会質問フルバージョン H28.12.2 国土交通委員会


12月2日、衆議院国土交通委員会で一般質疑が行われ、中村裕之も国土強靭化等について国交省・内閣府に質問をいたしました。

残念がら大臣は参議院本会議の関係で、最後のみの答弁となりましたが、フルバージョンの動画(15分)UPいたしますので、ご視聴いただければ幸いです。

【緊急告知】12月2日、11:45より15分間、衆・国土交通委員会で質問に立ちます。

平成28年12月2日(明日)11:45より12:00までの15分間、衆議院国土交通委員会にて中村裕之がこの臨時国会では初の質問に立ちます。

後日ホームページにて動画もUPしますが、当日は衆議院TV(インターネットTV)にて生中継をしておりますので、是非ともご視聴ください。

衆議院TVのリンクはこちら→http://www.shugiintv.go.jp/index.php
(iPhone,アンドロイド等の携帯端末からも視聴ます)

衆議院TVにアクセスしましたら、「今日の審議中継」から「国土交通委員会」を選択してください。

視聴方法はこちら→http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=HT

3月15日、所属の委員会や本会議、党部会、同派議員のセミナー等に出席。

3月15日午前中、国土交通委員会、総務委員会が開かれた。

国土交通委員会では、踏切法改正案が全会一致で可決した。

午後の衆議院本会議では、企業版ふるさと納税等を内容とする地域創生法改正案が提案された。

160315国交部会・北海道総合振興特委続いて自民党本部で、国土交通部会・北海道総合振興特別委員会合同会議(写真上)が開かれ、国土審議会北海道開発分科会で議論を重ねてきた「第8次北海道総合開発計画」を承認頂いた。

全国に先んじて人口減少や高齢化が進行している北海道だが、自給率200%の食と、全国の10%以上のインバウンドを受け入れる観光をメインに、生産空間と、小さな拠点となる市街地と、都市をネットワークで繋ぎながら地域の維持発展を図る。

農林水産物輸出1000億円やインバウンド300万人、レンタカー10万台等の目標を掲げ、達成に向けて計画的に地域づくりを進めていく。

160315中西啓介先生パーティ夕方から、麻生派の盟友、

財務大臣政務官の政経セミナーに出席し、激励させて頂いた。(写真下)

中西政務官は30歳で初当選し、今年は2期目の選挙を迎える36歳の若きエースだ。

徳島県と高知県が合区となり、初の選挙となるが、必勝をお祈りする。

9日、10日は各委員会、本会議、北海道開発分科会等に出席。

160310余市仁木ワイナリー衆議院は、3月9日に国土交通委員会、10日には総務委員会及び本会議が開かれ、質疑が繰り広げられる。

10日夕方から、国土審議会北海道開発分科会に出席。

新たな北海道開発計画案を承認した。

今月のJALの機内誌Skyward129頁には、余市・仁木ワインツーリズムプロジェクト平川ワイナリーの記事が掲載され誇らしく感じた。

明日は3.11。

あれから5年目の追悼式典に参列する。

被災地の皆様が普通の生活を早期に取り戻せるよう、お祈り申し上げます。

12月3日朝8時50分、国土交通委員会理事会開会。

1141203国土交通委員会理事会2月3日朝8時50分、国土交通委員会理事会開会。

9時より国土交通委員会閉会中審査。

杭データ流用問題等の一般質疑を3時間行う。

石井大臣就任後、初めての委員会になる。

10月1日午後、八代港でクルーズ客船を視察。

151001国土交通委員会視察③10月1日午後、八代港でクルーズ客船を視察。

世界第二位の大きな客船、クァンタム・オブ・ザ・シーズ16.7万トンだ。

上海から35時間かけて八代港に着いたそうだ。

蒲原熊本県知事から
「国土交通省の整備事業により、昨年マイナス14mバーすが完成し、そのストック効果でクルーズ客船が本年10回、来年には30回寄港を予定している。4600人のお客様が、一日船から降りて観光を楽しんで下さる。まさにストック効果のお陰と感謝申し上げる。」
と、ご挨拶があった。

船内にはショッピングモールやカジノ、プールやロッククライミング等、エンターテイメントが一杯だ。

経済効果も大きいことから、知事も「クマモンに次ぐ効果だ。」と、期待を膨らませていた。151001国土交通委員会視察④

10月1日、国土交通委員会視察2日目、指宿海岸人工海浜保全事業を視察。

15091001国土交通員会視察①10月1日、国土交通委員会視察2日目。

朝、指宿海岸人工海浜保全事業を視察。

かつて広々して競馬も行われていた砂浜が、波返し付近まで失われた。

観光名所の砂むしも、囲まれたスペースで営業しており、砂浜の再生は観光、防災両面で求められている。

今年度から事業化し、離岸堤の建設等が始まる。

砂むしは血流を高め、医学的に効能が証明されているそうだ。

指宿からはJR九州の企画列車「たまてばこ」に乗り、鹿児島中央へ向かい、熊本へ移動する。15091001国土交通員会視察②

9月30日午後、国土交通委員会でJR九州隼人駅視察。

150930国土交通委員会視察③9月30日午後、JR九州隼人駅視察。

企画列車「隼人の風」や、ななつぼしの歓迎に地元市長や高校生もお出迎え。

ななつぼしは、地域の誇りになっており、おもてなし精神いっぱいの歓迎だ。

JR北海道も安全対策に万全を期し、その上で豪華列車を走らせて欲しいと感じた。150930国土交通委員会視察④

8月26日は概算要求関係の会合や国土交通委員会に出席。

150826資源確保推進議員連盟8月26日朝8時から、メタンハイドレードやレアアース等の自国資源の確保を目的とする資源確保推進議員連盟に出席。

日本のエネルギー自給率4%を上げるため、増額予算を要求する。

9時から国土交通委員会でドローンの飛行規制を主旨とする航空法改正案の質疑・採決が行われ、全会一致で可決した。

午後には、米国リバランスに対応する日本の役割について勉強会に出席。

日本の食料安全保障について、リスク管理の現状について農林水産省からヒアリング。

アジアにおける食料安全保障の連携について、意見交換した。150826国土交通員会

他にも消防議員連盟、原子力政策小委員会、総務部会に出席。

水産庁、気象庁、観光庁から予算ヒアリングを受けた。

平成28年度概算要求もほぼ固まり、12月の予算編成に向けて、力を合わせていく。

6月12日午前中の国土交通委員会は民主共産議員が欠席。自公維の議員で質疑を行う。

150612財政再建に関する特命委員会6月12日午前中の国土交通委員会には、民主、共産議員が欠席し、自民、公明、維新の議員の質疑を行った。

法案審議は、国会の基本的な責務であり、審議時間を取っているのに審議拒否はいただけない。

他の委員会も同様に審議拒否されたようだ。

終了後、自民党財政再建に関する特命委員会に出席。

赤字を将来世代に付け回ししないよう、デフレからの脱却を確実なものにしながら、2020年PB黒字化目標達成するため、社会保障費を中心に、あらゆる検討を行うよう政府に求めていく。