医師養成過程から医師偏在是正を求める議員連盟にて要望活動。

医師養成過程から医師偏在是正を求める議員連盟で厚生労働省や文部科学省に要望活動しました。中村裕之はこの議員連盟の立ち上げ議員の一人で、副幹事長を務めています。
 医学部6年生が国家試験の勉強に専念し、机にばかり向かっている現状を変えるためには、国家試験を臨床研修の経験を問う試験とすることにより、もっぱら患者に向き合う実習を積み、より実践的な医師養成にしていく必要があります。 スチューデントドクターとして一定の医療行為を行える制度を取り入れ、卒後臨床研修との連続性を保ち、卒後研修では半年間の地域医療研修を義務付けてゆきます。3年間の活動で、卒後研修の必修診療科に産科、小児科、外科、精神科を加えることができました。地方議員の頃からの需要課題である医師不足・偏在是正を解消できるよう引き続き取り組んで参ります。