2月6日、医療基本法の制定にむけた議員連盟設立総会に出席。

医療基本法の制定にむけた議員連盟設立総会に出席。
既に10年以上に亘り医療関係者や患者団体から必要性を訴えられてきた医療基本法を超党派で推薦するために設立された。
患者の権利と医療の担い手の責務と権限を明らかにしてゆく上で大切な法整備だ。
中村裕之も役割を果たしていきたい。

20190206Iryouhou

2月4日、はざま小樽市長が議員会館を訪れた。

議員会館にてはざま小樽市長が中村裕之の議員会館を訪れた。
小樽海上技術学校の存続に向け、国土交通省の方針を確認するためだ。
現在の校舎は耐震性に問題があるため、小樽商業高校の校舎を道から譲渡を受ける協議に臨む、最終確認だ。
所管の国土交通省は、短大化して存続する考えをはざま市長に伝え、協議を続けることが確認された。
中村裕之も存続に向け、最大の努力をしていく。

【動画】中村文科政務官1月の活動ダイジェストH31.2.4 (No.615)


中村裕之が文部科学大臣政務官に就任して4か月が過ぎました。1月は国会閉会中ということもあり、多くの公務に出席致しましたので、秘書官が撮影した動画をダイジェストにまとめました。

内容:ユニバーサル社会推進会議、聴覚障害児を育てたお母さんをたたえる会、中央教育審議会総会、キャリア教育推進連携シンポジウム、教育再生実行会議、国立能楽堂視察、国立アイヌ民族像微空間建設現場視察、アイヌ舞踏練習視察・激励

2月3日、トビタテ!留学japan代表者成果発表会に出席。

20190203ryugakujapan

トビタテ!留学japan代表者成果発表会に出席。
安倍政権になり下村博文文部科学大臣のもと企業から117億円の支援を募り6000名の留学生を世界に送り出してきた。
学生のプレゼンを拝聴すると意識は高く、日本の将来も捨てたもんじゃないと感じることができた。

 

 

20190203ryuugakujapan320190203ryuugakujapan2

 

2月1日、東アジア文化都市2019豊島 開幕レセプションにてご挨拶。

20190202higashiajia 東アジア文化都市2019豊島開幕レセプションに文部科学大臣政務官としてご挨拶。
ときわ荘が豊島区にあったことからアニメマンガ文化の聖地とも言える地だ。
高野区長のリーダーシップで
国際アートカルチャー都市を掲げ長年に亘り文化振興に取り組んできた。

会場には中国西安市、韓国仁川市、20190202higashiajia2

インドネシアジョグジャカルタ特別州の皆様を迎え、

各地で文化プログラムを実施し交流を深める。
文化交流によって相互理解が深まることを願う。

20190202higashiajia420190202higashiajia3

 

1月28日、第198国会が召集された。

20190128Hajime

第198国会が召集され自民党両院議員総会が開かれ、
安倍総裁から、幼児教育無償化を実現し、夢を育む日本を創りたい!
関係法案の成立に向け、共に取り組んでいきましょう!
と、大坂なおみ選手の世界一をなぞらえ、所属議員に呼びかけた。
山梨県知事選挙の勝利で奢ることなく、国会運営に対応してゆく。

1月26日、北海道柔道整復師会小樽ブロック新年交礼会に出席。

20190126

北海道柔道整復師会小樽ブロック新年交礼会に出席。
小川ブロック会長のご挨拶に続き小樽市医師会の阿久津会長から以下のご挨拶。
参議院議員選挙では羽生田たかしさんが医師連盟推薦候補になっているので、会員皆様のご支援をお願いします。

自民党友好団体も力が入ってきていると、中村裕之も頼もしく感じた。

知事候補もオープンな形で決定すべき時がきている。

1月26日、アイヌ民族象徴空間と国立博物館を視察。

通常国会でアイヌ新法を提案することから、白老に建設中のアイヌ民族象徴空間と国立博物館を視察。
現地では高橋はるみ知事や戸田白老町長、神戸道議会議員が待っていて下さった。
進捗は順調で、既に50%を超えていることが確認できた。
午後には札幌に移動し、アイヌ古式舞踊の練習を見せて頂いた。
東京2020で世界に披露できるよう、熱心に練習を積んでいる。中村裕之も実現に向け努力することを約束した。


20180126420180126520180127

1月25日、北海道選出自民党国会議員会議に出席。

北海道選出自民党国会議員会議に出席。
知事候補選考に関して、執行部より現状報告があったが、手続きの透明性が確保されていないため、関係者の理解を得ることは困難だと、中村裕之から指摘させて頂いた。
今後はオープンに選考手続きを進めることが重要で、国会議員と道議会議員全員による投票を実施すべきと提案させて頂いたが、決定には至らず、吉川道連会長が更に友好団体の意見聴取を続けることとなった。
1月27日(日)には札幌で役員会が開かれる。
オープンな手続きで候補者を決定するよう今後も主張して参る。