【動画】北海道総合振興特別委員会で稲田政調会長に緊急申し入れ H28.6.3(No514)


6月3日、自民党本部政調会長室で、稲田朋美政調会長に北海道総合振興特別委員会として緊急申し入れを行った。

今津寛北海道総合振興特別委員長から、「消費増税の延期方針が決まり、地方の景気を底上げするには、補正予算による財政出動が必要」と本道の実状を説明し、補正予算の編成と本道への重点配分を申し入れた。

中村裕之からも、平成27年度は民主党政権時代と同程度の予算に止まり、北海道全体にアベノミクスへの失望感が蔓延した。北海道は可能性の大地であり、予算の重点配分をお願いした。

稲田朋美政調会長は、真摯にお話しを聴いて下さり、補正予算の編成をしていくと約束して下さった。

北海道経済再生の為に、気を抜くことなく要望をしていく。

6月3日、稲田朋美政調会長に北海道総合振興特別委員会として緊急申し入れを行った。

160603北海道振興特申し入れ

6月3日、自民党本部政調会長室で、稲田朋美政調会長に北海道総合振興特別委員会として緊急申し入れを行った。

今津寛北海道総合振興特別委員長から、
消費増税の延期方針が決まり、地方の景気を底上げするには、補正予算による財政出動が必要と本道の実状を説明し、補正予算の編成と本道への重点配分を申し入れた。

中村裕之からも
平成27年度は民主党政権時代と同程度の予算に止まり、北海道全体にアベノミクスへの失望感が蔓延した。

北海道は可能性の大地であり、予算の重点配分をお願いした。

稲田朋美政調会長は、真摯にお話しを聴いて下さり、補正予算の編成をしていくと約束して下さった。

北海道経済再生の為に、気を抜くことなく要望をしていく。

【動画】20日午後から党北海道総合振興特委、夕方は国土審議会北海道開発分科会に出席。H28.1.20(No489)


1月20日午後、北海道総合振興特別委員会に出席。

補正予算も含め、平成28年度北海道開発予算について、国土交通省から報告を聴取。補正予算ではTPP対策や防災事業を中心に、818億円、当初予算では5417億円が北海道開発予算に計上された。

山谷副知事から大樹~広尾、倶知安~共和の高規格自動車道路2路線の新規事業化を求める発言があり、中村裕之からも事業化を求めた。

夕方からは国土交通省本省で開催された、国土審議会北海道開発分科会に委員として出席。

北海道総合開発計画の第8期計画の策定に向けて、有識者会議やパートナーシップ会議を重ね、取りまとめをした案を国土交通省北海道局から説明を聴取し、委員として意見を申し上げた。

中村裕之からは、北極海航路への積極的関与や、丘珠空港を中心にした地方空港の活用や札幌五輪・パラ輪を念頭に、国際スポーツイベントの誘致等の表現を入れ込むべき等の意見を申し上げた。

北海道が日本に貢献し、国民に感謝される地になるよう提言を続けていく。

1月20日午後、北海道総合振興特別委員会に出席。

160120北海道総合振興特別委員会①

1月20日午後、北海道総合振興特別委員会に出席。

補正予算も含め、平成28年度北海道開発予算について、国土交通省から報告を聴取。

補正予算ではTPP対策や防災事業を中心に、818億円、当初予算では5417億円が北海道開発予算に計上された。

160120北海道総合振興特別委員会②TPP対策が補正予算に含まれたため、前年比650億円増となり、全国に比べても北海道の伸びは突出している。

15ヶ月予算で見ると6230億円が計上されたが、自民党政権時代の平成21年度には7100億円であり、未だに政権交代の影響が拭い去れていない。

山谷副知事から
大樹~広尾、倶知安~共和の高規格自動車道路2路線の新規事業化を求める発言があり、中村裕之からも事業化を求めた。

まだまだ努力が必要だ。

12月18日夕方、空港から直行で、小樽建設協会通常総会懇親会に出席。

151218小樽建設協会12月18日夕方、空港から直行で、小樽建設協会通常総会懇親会に出席。

中村裕之にもご挨拶の機会を頂き、日頃の温かいご支援に感謝申し上げるとともに、補正予算を818億円まで積み上げることができたと報告し、当初予算の確保に向けても努力していくと申し上げた。

中村裕之にとっては、会員としてご指導頂いた協会であり、人づくりの為の未来塾や、後志活性化フォーラム等を通して、地域貢献の大切さを学ばせて頂いた協会だ。

会員企業の隆盛を祈る次第だ。

【動画】北海道総合振興特別委員会関係省庁申し入れH27.12.1(No478)


11月30日から12月1日にかけて、北海道総合振興特別委員会で、今津委員長を中心に財務省福田主計局長と森山農林水産大臣、土井国土交通副大臣に、TPP対策と北海道開発予算の増額確保の要望に伺った。

補正予算の閣議決定から新年度予算の決定までに数日しかないことが予想され、双方が十分に確保されるよう要望申し上げた。

森山大臣も土井副大臣も、十分なご理解を頂いたが、やはり決め手は財務省だ。最後まで、できるだけの努力を続けていく。

12月1日午後、北海道総合振興特別委員会で森山農水大臣、土井国交副大臣に申し入れを行う。

 

151201開発予算要望森山大臣12月1日午後、北海道総合振興特別委員会で、今津委員長を中心に森山農林水産大臣と土井国土交通副大臣に、TPP対策と北海道開発予算の増額確保の要望に伺った。

補正予算の閣議決定から新年度予算の決定までに数日しかないことが予想され、双方が十分に確保されるよう要望申し上げた。

森山大臣も土井副大臣も、十分なご理解を頂いたが、やはり決め手は財務省だ。

最後まで、できるだけの努力を続けていく。

151201開発予算要望土井副大臣

11月30日夕方、財務省主計局に北海道開発予算要望に伺った。

151130北海道総合振興特主計局長11月30日夕方、財務省主計局に北海道開発予算要望に伺った。

今津北海道総合振興特別委員長を先頭に、北海道への予算が縮減している実情を訴えた。

経済再生・財政健全化両立の最初の予算編成となるため、財務省の対応も慎重だ。

中村裕之も関係省庁に、繰り返し予算要望を続けていく。

【動画】北海道総合振興特別委員会で稲田政調会長へ申し入れ H27.11.27(No476)


11月27日午前中、北海道総合振興特別委員会に出席。

国土交通省北海道局長をはじめ幹部職員出席のもと、道庁副知事や道議会政調会長、北海道経済連合会、北海道建設業協会会長それぞれから、北海道開発予算をはじめとする予算確保の要望を受けた。

特別委員会では、予算確保に関する決議を行い、役員により稲田自民党政調会長への要望活動を実施した。

北151127北海道総合振興特別委員会申し入れ海道では平成26年度補正予算が少額に留まった影響で、公共投資が25%程度落ち込み、日銀札幌支店の調査でも、景気に影を落とす要因になっている。

補正予算も含め、予算確保は最重要課題だ。

11月27日朝、北海道総合振興特別委員会にて決議を行い、政調会長に要請。

1151127北海道総合振興特別委員会1月27日午前中、北海道総合振興特別委員会に出席。

国土交通省北海道局長をはじめ幹部職員出席のもと、道庁副知事や道議会政調会長、北海道経済連合会、北海道建設業協会会長それぞれから、北海道開発予算をはじめとする予算確保の要望を受けた。

特別委員会では、予算確保に関する決議を行い、役員により稲田自民党政調会長への要望活動を実施した。

151127北海道総合振興特別委員会申し入れ海道では平成26年度補正予算が少額に留まった影響で、公共投資が25%程度落ち込み、日銀札幌支店の調査でも、景気に影を落とす要因になっている。

補正予算も含め、予算確保は最重要課題だ。