4日、仁木ワインセミナーは町民センターが満席になる盛況ぶりだ。

171104仁木ワインセミナー①

仁木ワインセミナーは町民センターが満席になる盛況ぶりだ。

シャブリでワイナリーを家族経営しているセルヴァン氏が講演。仁木はブルゴーニュと地形が似ておりワインの品質も高い。日本人の正確無比な性質がワインづくりに表れている。将来に向けて地域ぐるみで良い産地に育てて欲しい。シャブリは2500人の村だがワイナリーめぐりのイベントには一万人が訪れる。仁木もそうなることを期待する。

講演に続きパネルディスカッションも行われ、地方創生の夢が広がるセミナーとなった。

171104仁木ワインセミナー②

17日午後上京し、渋谷のホテルで開かれた「北海道の食とワインの夕べ」に出席。

170117北海道食とワインの夕べ17日午後上京し、渋谷のホテルで開かれた「北海道の食とワインの夕べ」に出席。

菅官房長官も駆けつけて下さった。

中村裕之の地元からは、「北海道ワイン」「Nikihills」「平川ワイナリー」「ドメーヌtakahiko」等のワインが提供され、好評を博した。

【動画】猪口邦子先生ゲストにふるさと対話集会を4か所で開催 H28.12.17(No546)


12月17日午後、 猪口邦子先生を中村裕之の地元にお迎えし、ふるさと対話集会を実施した。

余市、赤井川、仁木の会場に参加して下さった皆様から、猪口先生が長年取り組んできた給付型奨学金や国際情勢、農業・漁業の振興など、様々なテーマについて、意見や要望が出され、有意義な対話集会となった。

皆様からの意見や要望を、今後の政治活動に活かして参ります。

ありがとうございます!

12月17日、猪口邦子先生を中村裕之の地元にお迎えし、ふるさと対話集会を開催。

161217ふるさと対話集会①

12月17日午後、
猪口邦子先生を中村裕之の地元にお迎えし、ふるさと対話集会を実施した。

余市、赤井川、仁木の会場に参加して下さった皆様から、猪口先生が長年取り組んできた給付型奨学金や国際情勢、農業・漁業の振興など、様々なテーマについて、意見や要望が出され、有意義な対話集会となった。

161217ふるさと対話集会②皆様からの意見や要望を、今後の政治活動に活かして参ります。

ありがとうございます!

【動画】仁木町うまいもんじゃ祭り・古平パークゴルフ大会 H28.10.2(No538)


10月2日午前中、素晴らしい秋晴れのもと、果実とやすらぎの里仁木町の、第42回うまいもんじゃ祭りに出席。
会場には多くの家族連れやグループが訪れ、ステージでは ぶどうの皮飛ばし大会等のユニークなプログラムが展開されていた。

仁木町と余市町には、十数件のワイナリーが進出し、両町連携して地方創生交付金を活用し、ワインツーリズムに力を入れている。また、スイーツメーカー「もりもと」と提携し、仁木町産の果実ジャム等をスイーツに利用した製品開発が進んでいる。2年後の高速道路余市開通に向けて着実に、まちづくりを進めている。

午後からは、古平後援会パークゴルフ大会。
道議会議員時代から通算して8回目だが、今年は他の行事もあり、プレーはせず、ご挨拶だけさせていただた。

10月2日午前中、仁木町の、第42回うまいもんじゃ祭りに出席。

161002うまいもんじゃ祭り10月2日午前中、素晴らしい秋晴れのもと、果実とやすらぎの里仁木町の、第42回うまいもんじゃ祭りに出席。

本年の厳しい気象条件のもと、果樹農家の皆様の努力により、味の良い果実が、まずまずの収穫をできた。

中村裕之も、ぶどうやプルーン、梨などを入手し、山葡萄ワインも味見させて頂いた。

会場には多くの家族連れやグループが訪れ、秋の太陽と果実を楽しんでいた。

ステージでは
ぶどうの皮飛ばし大会等のユニークなプログラムが展開されていた。

仁木町と余市町には、十数件のワイナリーが進出し、両町連携して地方創生交付金を活用し、ワインツーリズムに力を入れている。

また、スイーツメーカー「もりもと」と提携し、仁木町産の果実ジャム等をスイーツに利用した製品開発が進んでいる。

2年後の高速道路余市開通に向けて着実に、まちづくりを進めている。

9月25日は、よいち味覚の祭典、銀山学園ふれあい祭り等に参加。

190925銀山学園ふれあい祭り①9月25日は、とても暖かい秋晴れだ。

アップルポート余市では、余市の山海の幸を取り揃えた「よいち味覚の祭典」が開かれ、多くのお客様に来場頂いた。

仁木町では、
第46回銀山学園ふれあい祭り190925銀山学園ふれあい祭り②が盛り上がった。

昨年の銀山は、お祭りの序盤から雹が降り、プログラムの途中で中止しただけに、待ちに待ったお祭りは、家族、地域、ボランティアが一体となり、賑やかな祭りとなった。

7月3日朝、第33回仁木町サクランボフェスティバルにお邪魔した。

7160703仁木町サクランボフェス①月3日朝、雨も上がり第33回仁木町サクランボフェスティバルにお邪魔した。

中村裕之から
北海道の食の多様性を支えているのは仁木町の果物とミニトマトだ。

今後は柿の木等も植えて頂き、益々発展されますようお祈り申し上げた。

160703仁木町サクランボフェス②仁木町と余市町は連携して、ワインツーリズムに視点を定め、地方創生を進めている。

また、菓子メーカーモリモトさんとも包括連携協定を結び、仁木町の果実だけを素材にした御菓子の開発を始めている。

今後の展開が楽しみだ。

6月20日朝、余市町と仁木町で運動会の激励にお邪魔した。

61606119杉の子運動会①月20日は久しぶりの青空だ。

朝は、余市杉の子幼稚園運動会に激励にお邪魔した。

園児も保護者も一生懸命頑張っていた。

仁木町大江でも地域運動会が開かれた。

昨年で、小学校が閉校となり、今年からは地域運動会を開催した。

1606119仁木町大江運動会佐藤仁木町長も参加し、大いに盛り上げた。
中村裕之から、
これからも、地域仲良く頑張りましょう!
と、申し上げた。

5月13日、今週は国会見学ラッシュでした。

160510余市西中学校国会見学

5月13日、今週は国会見学ラッシュでした。

中村裕之の母校である余市町立西中学校をはじめ、積丹町立美国中学校、仁木町立銀山中学校の皆さんが修学旅行で訪れた。

東京小樽会の皆様も見学にお越しになり、潮まつりに行くから踊ろうね。と、声をかけて頂いた。

160510東京小樽会国会見学修学旅行での国会見学は紹介議員が必要な様子で、毎年、増えており、中村裕之事務所秘書が、はとバスガイド以上のガイド振りを見せている。

政治に関心を持つ機会になれば幸いだ。