12月13日、17日の大臣折衝に向けて自民党本部では各部会が開かれた。

17日の大臣折衝に向けて自民党本部では各部会が開かれ中村裕之も関係部会に出席した。
予算編成が大詰めを向かえ各大臣にも激励の拍手が贈られた。
平成31年度予算には国土強靭化や消費税反動減対策などを盛り込む。
平成30年度第二次補正予算も含め21日迄が勝負だ。

20181214Yosan4 20181214Yosan3 20181214Yosan2 20181214Yosan1

12月5日、水産関係団体決起大会。

水産関係団体決起大会予算編成に向けて憲政記念館で水産関係団体が決起大会を開催した。憲政記念館で開くのは初めてだ。この日の午後、中村裕之も団体の皆様と財務大臣室に要望に伺った。中村裕之から「大臣、漁師を大事にしないと国境監視は出来ません。」と申し上げた。選挙に勝ったのは北朝鮮のおかげと言った大臣だから、水産予算は手厚くなると期待している。

12月7日正午から、為公会例会に出席。

12月7日正午から、161208為公会例会例会に出席。

麻生太郎会長から、
12月22日に予算案を仕上げるべく努力をしている。
その日に仕上がれば、昭和26年以来、戦後2回目となる。

与党の議員は、税調や政調会に出席し、意見を述べたり、担当者に粘り強く当たること。

多様な意見を聴いて、決断する。

そうした活動を地道に粘り強く行い、年末・年始は地元のご挨拶を熱心に行って欲しい。

と、話された。

臨時国会っ終盤となり、与党の一員として、決める政治に参画をしていく。

12月21日朝上京し、平成28年度各省予算大臣折衝送り出しの各部会に出席。

151221厚生労働部会大臣送り出し

1221日朝8時の便で上京し、平成28年度各省予算大臣折衝送り出しの各部会に出席。

厚生労働部会では、診療報酬0.1%upや一人親世帯の多子児童手当の増額等が折衝項目に上がり、防衛部会では哨戒ヘリ予算が、その対象になった。

国土交通部会では鬼怒川氾濫を受けて、河川激甚災害対策特別緊急事業の増額を求めていく。

24日朝の閣議決定に向けて、ぎりぎりの折衝が続く。

 

151221国防部会大臣送り出し