7月3日朝、第33回仁木町サクランボフェスティバルにお邪魔した。

7160703仁木町サクランボフェス①月3日朝、雨も上がり第33回仁木町サクランボフェスティバルにお邪魔した。

中村裕之から
北海道の食の多様性を支えているのは仁木町の果物とミニトマトだ。

今後は柿の木等も植えて頂き、益々発展されますようお祈り申し上げた。

160703仁木町サクランボフェス②仁木町と余市町は連携して、ワインツーリズムに視点を定め、地方創生を進めている。

また、菓子メーカーモリモトさんとも包括連携協定を結び、仁木町の果実だけを素材にした御菓子の開発を始めている。

今後の展開が楽しみだ。