【動画】自民党港湾議連総会と財務省要望 H28.11.9(No542)


11月に入り、永田町は予算と税制に関する動きが本格化している。

地元の道路に続き、も財務省に要望だ。

自民党港湾議員連盟では、総会で予算拡充の決議を行い、財務省に強く要望した。

中村裕之から、 総理大臣が所信表明演説で、港湾整備促進に触れたのは初めてだ。

ギアチェンジして、これまでとは違う対応をお願いする。
と、申し上げた。

粘り強く活動を続けてゆく。

1月28日午前中、クルーズ船観光振興議員連盟第6回総会に出席。

160128クルーズ船観光振興議連1月28日午前中、クルーズ船観光振興議員連盟第6回総会に出席。

2015年の訪日外国人旅行者は1974万人となり、消費額も3.47兆円となった。

うちクルーズ船で112万人が訪れ、2020年に100万人という目標を、5年前倒して達成した。

国土交通省では、観光庁のみならず海事局や港湾局も一体となり、日ASEANクルーズ振興戦略をに基づき更なる振興を図る。

今、国会では旅客ターミナルビルの建設等に無利子貸付の対象とする等の港湾法改正を行いクルーズ振興を推進する。

中村裕之の地元、小樽港は日本海クルーズ観光拠点港に指定されており、北海道経済発展に役割を果たしていく。