5月24日施行されたアイヌ新法に基づき、アイヌ民族文化財団に、石井国土交通大臣から指定書が交付された。

5月24日施行されたアイヌ新法に基づき、白老に整備中の民族共生象徴空間ウポポイの運営管理者となるアイヌ民族文化財団に、石井国土交通大臣から指定書が交付された。
中村裕之も共管の文部科学省を代表し、交付式に立ち会った。
アイヌ民族文化財団の中村理事長や北海道アイヌ協会の加藤理事長も大変に喜んでくださった。
来年4月24日のオープンに向けて、関係者それぞれが本格的に準備を進め、目標である入場者数100万人を目指していく。

5月19日、札幌アイヌ協会定例総会に出席。

札幌アイヌ協会定例総会に出席。 
内閣に設置されているアイヌ政策推進会議座長代理を中村裕之が拝命していることから、アイヌ新法成立の要望を度々受けていた。
5月24日に新法が施行され、アイヌ民族国立博物館通称ウポポイの運営を、法に従い、アイヌ文化財団に委託する。
アイヌ民族の尊厳が保たれる共生社会に向かう、節目の総会だと感じた。

20190519ainukyoukai

4月11日、中村が役割をもつ法案が進展しつつある。

衆議院本会議では高等教育支援法案やアイヌ新法が賛成多数で可決され、参議院に送られることとなった。
火曜日の幼児教育無償化法案の可決とともに、中村裕之が役割をもつ法案が進展しつつある。
夕方からは、有床診療所を応援する議員連盟29回会合に出席。
医療職の働き方改革を進める上での課題等について、医師会関係者からヒアリングし、厚生労働省から現状を聴取した。
激変緩和策を講じなければ、診療所の無床化が進む恐れがある。
議員連盟の一員として診療報酬等の課題に取り組んでいく。

3月8日、アイヌ政策を推進する議員の会総会出席

20190308ainusuishinkixyougikai

3月8日アイヌ政策を推進する議員の会総会に政府のアイヌ政策推進会議座長代理として出席。
中村裕之から、アイヌを先住民族と明記し誇りを尊重するアイヌ新法の成立に向けて、議員各位の協力をお願い申し上げた。
出席した北海道アイヌ協会加藤理事長、阿部副理事長、中村理事からは、長年に渡り念願していた法律の成立を、ただただお願いする。と、思いを込めたお話しがあった。
3月中の成立に向けて努力し参ります。

1月26日、アイヌ民族象徴空間と国立博物館を視察。

通常国会でアイヌ新法を提案することから、白老に建設中のアイヌ民族象徴空間と国立博物館を視察。
現地では高橋はるみ知事や戸田白老町長、神戸道議会議員が待っていて下さった。
進捗は順調で、既に50%を超えていることが確認できた。
午後には札幌に移動し、アイヌ古式舞踊の練習を見せて頂いた。
東京2020で世界に披露できるよう、熱心に練習を積んでいる。中村裕之も実現に向け努力することを約束した。


20180126420180126520180127